骨太サバ缶おかず
ルウいらずのコク深さ!"醤油サバ缶でつくるサバカレー"

ルウいらずのコク深さ!"醤油サバ缶でつくるサバカレー"

味つけサバ缶が主役の、がっつり骨太料理をご紹介します。材料に表記した醤油味、味噌味の使い分けは目安にして、臨機応変、お好きな味つきサバ缶を自由に使ってつくってみてください!

“醤油サバ缶でつくるサバカレー”のつくり方

昨今、大人気のサバ缶には、水煮のほかに醤油と味噌の味つけ缶があるのはご存じのとおり。ここでおすすめしたいのが、この味つけサバ缶だ。
1、調味料で身がほどよく締まっているから、炒めたり揚げたりしても身がグズグズにならない。
2、調味料効果でサバの生臭みがない。
3、さらに、サバにしっかりしみ込んでいる味を利用すれば、調味いらずで手間いらず。
スパイスやハーブなど、ポイントになる風味をプラスするだけで、簡単に深い味わいをゲットできる。

材料材料 (2人分)

サバ缶1缶(190g入り(醤油味))
なす3個
玉ねぎ1/2個分(みじん切り)
にんにく小1片分(みじん切り)
赤唐辛子1本
サラダ油大さじ3
カレー粉大さじ1と1/2
大さじ2
醤油小さじ1
温かいご飯適量
パセリ少々(みじん切り)

1下ごしらえ

なすはへたを切り、縦4等分に切り、長さ2cmに切る。

2なすを炒める

フライパンにサラダ油大さじ2を熱してなすを入れ、中火で炒める。全体に油が回ったら蓋をして、途中全体を混ぜながら、やわらかくなるまで3~4分蒸し焼きにして取り出す。

3玉ねぎを炒める

フライパンをさっと洗って水気を拭き、サラダ油大さじ1を足して玉ねぎ、にんにく、赤唐辛子を入れて弱めの中火でしんなりするまで炒める。

4サバ缶を加える

サバ缶を缶汁ごと加えて炒め、カレー粉をふり入れて炒め、なすを戻し入れて全体を混ぜる。

サバ缶を加える
サバにカレー粉を加えて、しっかり辛味と香りをからめる。それからなすを加えると味にメリハリがつく。

5盛りつける

酒をふり、醤油を加えて蓋をして弱火で4~5分煮る。器に温かいご飯を盛ってパセリをふり、カレーをかける。

完成
たった15分で出来上がる夢のようなカレーだ。「サバの味をベースにスパイス類をプラスする」は、味つけサバ缶を使いこなす基本のテクニックである。

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

※この記事は「技あり!dancyu缶詰」に掲載したものです。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

技あり!dancyu缶詰
技あり!dancyu缶詰
A4変型 判( 112 頁)
ISBN: 9784833479189
2020年10月13日発売 / 880円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。