美食大国ペルーのアボカドレシピ
硬めの食感がクセになる"アボカドの薄切りサラダ"

硬めの食感がクセになる"アボカドの薄切りサラダ"

アボカドは熟してから食べるものというイメージがありますが、ちょっと固い状態だからこそ味わえる美味しさもあります。東京・新橋の本格ペルー料理「荒井商店」のアボカド料理は、見た目にも美しく新鮮な驚きがあります。店主の荒井隆宏さんに、アボカドを使ったとっておきのペルー料理を習いました。

“アボカドの薄切りサラダ”のつくり方

薄切りにした魚介類を柑橘類でマリネにする料理が「ティラディート」。そのアボカド版アレンジがこの一品だ。アボカドがまだちょっとかたいときに、おすすめの食べ方。レモンをしっかりきかせてキュンと酸っぱくすると、ペルーテイストに。

材料材料 (1人分)

アボカド1個
キヌア大さじ4
★ 【サルサ】
・ レモン汁1個分
・ アヒ・アマリージョ小さじ1
・ にんにく1片
・ 生クリーム大さじ1
・ 塩適量
胡椒適量
適量
黒煎り胡麻適量
赤玉ねぎ適量
小ねぎ適量
フェンネルの花適宜
胡椒適量

1キヌアをゆでる

キヌアはかために塩ゆでし、お湯をきって冷ましておく。

2アボカドをスライスする

アボカドは縦半分に切って種を取り、皮をむく。横に厚さ5mmにスライスする。

3サルサをつくる

ボウルにサルサのレモン汁を搾り入れ、アヒ・アマリージョ、にんにくのすりおろし、生クリーム、塩、胡椒を入れて混ぜる。

4仕上げ

皿に2のアボカドをきれいに並べ、塩をふり、1のキヌア、黒胡麻、みじん切りにした赤玉ねぎ、斜め切りにした小ねぎ、あればフェンネルの花を盛りつけ、3をかけて胡椒を挽きかける。

完成

教える人

荒井隆宏 「荒井商店」シェフ

荒井隆宏 「荒井商店」シェフ

1974年生まれ。「オテル・ドゥ・ミクニ」での修業などを経て、2003年にペルーに渡り、レストランで働きながら1年かけて各地の料理を見て回る。帰国後、2005年に「荒井商店」を開店し、ペルーの家庭料理や郷土料理を提供する。

店舗情報店舗情報

荒井商店
  • 【住所】東京都港区新橋5-32-4
  • 【電話番号】03-3432-0368
  • 【営業時間】11:30~14:30(L.O.) 18:00~22:00(L.O.)
  • 【定休日】日曜 ほか不定休あり
  • 【アクセス】JR「新橋駅」より7分

文:横山せつ子 写真:宮濱祐美子

※この記事は 使えるdancyu「アボカド」に掲載したものです。

使えるdancyuアボカド
使えるdancyuアボカド
A4変型 判( 88 頁)
ISBN: 9784833479349
2020年11月16日発売 / 880円(税込)
この雑誌を購入する