今日、なにつくる?
ほこほこっとした食感と味噌の風味が旨い"銀杏の焼きおにぎり"|酒呑みの心を鷲掴む焼きおにぎり②

ほこほこっとした食感と味噌の風味が旨い"銀杏の焼きおにぎり"|酒呑みの心を鷲掴む焼きおにぎり②

秋の味覚でおつまみとしても人気な銀杏。今回はその銀杏を焼きおにぎりと合わせてみました。酒呑みの好物を合体させた一品を味わってみてください。

滋味あふれるおいしさ

カリカリッとした表面のおこげご飯と、ほこほこっとした銀杏の食感が、噛めば噛むほど混ざり合い、滋味あふれるおいしさに。締めには程よい塩気。

銀杏の焼きおにぎりのつくり方

材料

材料材料 (三角形7~8個分)

2合(300g)
銀杏※100g(皮をむいた状態)
A
・ 昆布水330mL(昆布5㎝角を一晩つける)
・ 酒大さじ2
・ 塩小さじ1
白味噌少々

※銀杏は水煮を使ってもよい。

1殻をむく

銀杏の殻を、銀杏むきまたはペンチなどでひびを入れて割り、殻を除く。

2薄皮を取る

小鍋に銀杏とひたひたの水を入れ、弱火にかける。お玉(穴あきが望ましい)の背で軽く銀杏を押さえながら、よくかき混ぜる。1分ほどで薄皮がほぼ取れる。

薄皮を取る

3銀杏を切る

火を止めて冷水を注ぎ、浮いてくる薄皮を流す。取り切れない薄皮がある場合は手でむき、ザルにあけて水気を拭き取り、半分に切る。

4米を研ぐ

米を研いでザルに上げる。水気をよくきり、ラップをして1~2時間置く。表面が乾かないように時々全体を混ぜる。

5漬け置く

鍋にAを入れて塩をよく溶かし、④を入れる。夏は30分、冬は1時間置く。

漬け置く

6炊く

鍋を火にかけ、沸騰したら弱火にして銀杏を入れて7分炊き、火を止めて15分蒸らし終わったらさっくりと混ぜる。

炊く

7焼く

炊きたてのご飯を100g取り、手に塩水(分量外)をつけてしっかりめにむすぶ。同様にして残りもむすぶ。粗熱が取れたら、焼き網に油(分量外)を塗って強火で熱し、おにぎりをのせ、中火にする。焼き色がつくまで焼く。白味噌を薄めにのばして塗り、味噌を焦がさないように弱火で炙りながら焼き上げる。

焼く

教える人

オカズデザイン

吉岡秀治・知子夫妻が結成した、料理とデザインのチーム。NHK連続テレビ小説「てっぱん」や、映画『食堂かたつむり』での料理監修をはじめ、“時間をおいしくしてくれるもの”をテーマに多方面で活躍。著書に、新刊の『マリネ』(主婦と生活社)ほか多数。

文:山村光春 写真:上山知代子

※この記事の内容はdancyu2014年11月号に掲載したものです。