今日、なにつくる?
プリプリ食感が小気味いい"イカシュウマイ"|晩酌が進むつくり置きつまみ④

プリプリ食感が小気味いい"イカシュウマイ"|晩酌が進むつくり置きつまみ④

豚肉のジューシーで柔らかな食感、野菜のシャクシャクとした歯ざわりに混じって、イカのプリプリ感が小気味いい一品です。ボリューム満点ながら、ついついもう一個と手が伸びます。

イカの食感が引き立つ

豚肉と野菜を思い切りよく使って、イカの食感を引き立てている。イカの割合が少ない?と思っても、食べてみると粗挽きのイカがしっかり主張する一品。豚肉は面倒でも、家で挽くか叩いたほうが食感が良く、脂の風味も軽やか。イカは剣先イカや紋甲イカのゲソのみでもOK。

イカシュウマイのつくり方

材料材料 (30個分)

イカ2ハイ(約200g)
豚肉400g(バラ薄切り肉150g、切り落とし肉250g)
新生姜50g
玉ねぎ小1個
しめじ1パック
れんこん100g
小さじ1
片栗粉大さじ3
シュウマイの皮1袋(30枚)
A
卵白1個分
紹興酒大さじ2
醤油小さじ1
粗挽き黒胡椒少々
胡麻油小さじ1
魚醤小さじ1(淡口醤油でも可)

1下ごしらえ

イカは内臓、軟骨、目、くちばしを取り、しっかりと水気を拭き取っておく。皮ごとブツ切りにする。

2イカを粗挽きにする

イカをフードプロセッサーで粗挽きにする。包丁で叩いてもよい。食感を残すことで、イカらしい噛みごたえが楽しめる。

イカを粗挽きにする

3豚肉を練る

豚肉もフードプロセッサーで同様の粗さに挽く。塩をふり、粘りが出るまで100回くらい練る。ここでしっかり練ることでタネのつながりがよくなる。

豚肉を練る

4野菜を粗微塵にする

野菜はすべて粗みじんに。片栗粉をまぶして混ぜ合わせ、肉とイカのタネに合わせたときのなじみをよくする。

野菜を粗微塵にする

5タネをつくる

ボウルに2、3、4を合わせ、Aを上から順番に加えてよく混ぜる。

タネをつくる

6蒸す

親指と人差し指で輪をつくってシュウマイの皮を置き、5をこんもりとのせて皮で円筒形に包み、スプーンでぐっと詰め込む。水気が出るので、包んだらすぐに蒸籠で15分ほど蒸す。

蒸す

7完成

食感がよくボリューム満点!

完成
保存期間とお薦めの食べ方
蒸籠で蒸してから冷蔵庫で4~5日、冷凍庫で1週間保存可能。皿に盛り、からし醤油を添えて。アツアツもおいしいが、冷めてもおいしい。蒸してから揚げシュウマイにしたり、タネを椎茸に詰めて蒸しても美味。

文:本庄 彩 写真:高見尊裕

教える人

田中裕子 「立呑み田中」女将

田中裕子 「立呑み たなか」女将

義姉・梅原砂織さん(写真右)とともに、オーガニックワインや純米酒に合う新しいレシピを次々と考案し、明石の魚介や県産の野菜を使った家庭料理が評判を呼ぶ。料理に使う井上しょうゆ、三河みりん、シママースの塩、澤屋まつもと厨酒などといった調味料も裕子さんが厳選。

店舗情報店舗情報

立呑み たなか
  • 【住所】兵庫県明石市本町1‐1‐13
  • 【電話番号】078‐912‐2218
  • 【営業時間】12:00~13:30(L.O.)、17:00~20:30( L.O.)、土日祝は12:00~17:30( L.O.)
  • 【定休日】水曜、木曜、8月13日~17日
  • 【アクセス】JR神戸線「明石駅」、JR山陽本線「山陽明石駅」より各3分

※この記事の内容はdancyu2014年月9号に掲載したものです。