今日、なにつくる?
香ばしくムチっと食感が魅力の"ガシラのハーブ焼き"|晩酌が進むつくり置きつまみ③

香ばしくムチっと食感が魅力の"ガシラのハーブ焼き"|晩酌が進むつくり置きつまみ③

「ガシラ」とはカサゴや赤メバルと呼ばれる磯魚です。ムチッとした弾力感のある身は、淡白な中にも豊かな旨味があります。トマトのフルーティーさのおかげで、どこかイタリアンな一品。ドライなスパークリングワインが恋しくなります。

驚くほど引き立つ魚の甘味

田中裕子さんに教わったレシピは、冷めても、むしろ冷めてからのほうが味が落ち着いておいしくなる。つくり置きができるありがたいレシピばかり。コツは魚の下処理を丁寧にすること。塩をふり、焦らず時間を置いて水分を抜くことで、味がよくなじむ。
「ガシラのハーブ焼き」も最初にしっかり塩をなじませて水分を除くと、魚の持つ甘味が驚くほど引き立つ。マリネした魚は、グリルした後、マリネ液を煮詰めたソースをかけるだけ。だから、香ばしい上に身が崩れない。白身魚の切り身でもつくれる。

ガシラのハーブ焼きのつくり方

材料材料 (4人分)

ガシラ※4尾
小さじ2
A
・ オリーブオイル200ml
・ 淡口醤油小さじ2
・ エルブドプロバンス小さじ1(粉)
・ ローズマリー2本(生。葉を枝から外す)
・ ローリエ4枚
・ にんにく2片(つぶして粗みじん切り)
・ 赤唐辛子3本(種を除く)
・ 黒粒胡椒小さじ1
ミニトマト8個
パセリ少々(みじん切り)
レモン4枚(薄切り)

※他にスズキや鯛、イサキなど、好みの白身魚でOK。

1下ごしらえ

魚はウロコと内臓を取ってよく洗い、水気を拭いておく。

下ごしらえ

2塩をふる

魚の両面に塩をふり、上下を返してなじませる。2時間ほど置いたら、キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取る。

塩をふる

3マリネする

バットに2を並べ、Aの材料を加えて両面によくもみ込み、30~40分マリネしてなじませる。

マリネする

4ガシラを焼く

魚を取り出し、オーブンか魚焼きグリルで香ばしく焼く。

ガシラを焼く

5マリネ液を煮る

残った3のマリネ液を小鍋に移し、中火で2分ほど煮る。にんにくが少し色づき、香りが立ってきたら取り出す。

マリネ液を煮る

6仕上げ

仕上げにミニトマトを加え、つぶせる程度に柔らかくなるまで火を通したらソースの完成。皿に魚を盛り、ソースをかけ、パセリを散らす。

仕上げ
保存期間とお薦めの食べ方
ソースごと密閉容器に移し、冷蔵庫で2~3日保存可能。食べる直前にレモンを搾り、 トマトをつぶしながらソー スをからめてどうぞ。冷めたら、電子レンジで温めてアツアツを。

文:本庄 彩 写真:高見尊裕

教える人

田中裕子 「立呑み田中」女将

田中裕子 「立呑み たなか」女将

義姉・梅原砂織さん(写真右)とともに、オーガニックワインや純米酒に合う新しいレシピを次々と考案し、明石の魚介や県産の野菜を使った家庭料理が評判を呼ぶ。料理に使う井上しょうゆ、三河みりん、シママースの塩、澤屋まつもと厨酒などといった調味料も裕子さんが厳選。

店舗情報店舗情報

立呑み たなか
  • 【住所】兵庫県明石市本町1‐1‐13
  • 【電話番号】078‐912‐2218
  • 【営業時間】12:00~13:30(L.O.)、17:00~20:30( L.O.)、土日祝は12:00~17:30( L.O.)
  • 【定休日】水曜、木曜、8月13日~17日
  • 【アクセス】JR神戸線「明石駅」、JR山陽本線「山陽明石駅」より各3分

※この記事の内容はdancyu2014年月9号に掲載したものです。