今日、なにつくる?
海と山の幸を同時に楽しむ"豚とアサリのアレンテージョ"|遠くて近いポルトガル料理③

海と山の幸を同時に楽しむ"豚とアサリのアレンテージョ"|遠くて近いポルトガル料理③

魚介が豊富なポルトガルですが、山の幸も負けず劣らず豊富です。アサリと豚の炒め合わせは南部の定番で、香菜がグッと料理を引き立てます。

旨味たっぷりのじゃがいもが魅力!

ポルトガル南部では、海の幸のアサリと、山の幸の豚肉を炒め合わせる料理がある。海、山、どちらの食材もこよなく愛するポルトガル人ならでは。上に散らした香菜は、南部でよく使われる。同じく、江戸時代に“こえんとろ”の名で紹介したため、和名にも残っている。
豚の脂で肉とアサリを炒め合わせ、旨味が合わさっただしを、さらに揚げたじゃがいもに吸わせるという、究極の海と山の共演。香菜がよく合う!

豚とアサリのアレンテージョのつくり方

材料材料 (4人分)

豚肩ロース肉200g
赤パプリカ1/2個 (すりおろす)
にんにく1/2片(すりおろす)
小さじ1/2
アサリ200g(小さめのハマグリでも可)
玉ねぎ1/4個
玉ねぎ1/2個
香菜1枝(イタリアンパセリでも可)
じゃがいも1と1/2個
揚げ油適宜
香菜適宜
レモン適宜(お好みで)

1豚肉の下準備

豚肉は一口大に切ってボウルに入れる。すりおろした赤パプリカとにんにく(写真上)、塩を加 えて全体をよくもみ込み、ビニール袋に入れて 冷蔵庫で半日マリネする(写真下)。アサリは一 晩砂抜きしておく。

豚肉の下準備
豚肉の下準備

2野菜の下準備

玉ねぎは粗みじんに切り、少量の油(分量外)で 茶色く色づくまで炒めておく。トマトは1cm角に、香菜は粗く刻んでおく。

3じゃがいもを揚げる

じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、鍋に揚げ油を熱して揚げ、中まで火が通ったら取り出しておく。

4豚肉とアサリを炒める

大きめのフライパン(直径24cm以上は必要)に 1 の豚肉を入れて炒める。肉の表面が色づいたらアサリを加え、蓋をして中火で貝の口が開くまで蒸す。

豚肉とアサリを炒める

5仕上げ

貝の口が開いたら強火にし、2と3を加える。全体をざっと混ぜ、器に盛り、香菜とレモンを散らす。豚肉の下味と貝の塩分でも十分だが、足りなければ塩(分量外)で調える。

仕上げ
仕上げ

教える人

佐藤幸二

佐藤幸二さん 「クリスチアノ」オーナーシェフ

東京のポルトガル料理シーンを引っ張る第一人者。イタリア留学時代、レストランで働き出したのをきっかけに、イギリス、タイなどで研鑽を積む。ロンドン時代、ポルトガル人がつくった賄い料理のおいしさに感動し、ポルトガル料理に開眼。帰国後、飲食店の立ち上げなどを経て、2010年に独立。

店舗情報店舗情報

クリスチアノ
  • 【住所】東京都渋谷区富ケ谷1-51-10 1階
  • 【電話番号】03-5790-0909
  • 【営業時間】18:00~24:00(L.O.)、日祝は~23:00(L.O.)
  • 【定休日】月曜
  • 【アクセス】東京メトロ「代々木公園駅」1番出口より1分

文:馬田草織 写真:公文美和

※この記事の内容はdancyu2013年2月号に掲載したものです。

馬田 草織

馬田 草織 (文筆家)

文筆家。おもに食と旅(ポルトガル多め)を書いてます。ほやと納豆とアルコール好き。cakesで「ポルトガル食堂」連載中。著書に『ようこそポルトガル食堂へ』(産業編集センター・幻冬舎文庫)、『ポルトガルのごはんとおつまみ』(大和書房)、最新刊は『ムイト・ボン!ポルトガルを食べる旅』(産業編集センター)。料理とワインを気軽に楽しむ会「ポルトガル食堂」を主宰してます。開催日程などはホームページ(http://badasaori.blogspot.jp)からどうぞ。かつて戦国武将が飲んだ珍蛇酒は、ポートワインかマデイラワインかはたまたシェリーなのか、そのあたりがずっと気になっている。