鶏そぼろ大活躍レシピ
香り豊かな菜の花の鶏そぼろカレー炒め

香り豊かな菜の花の鶏そぼろカレー炒め

甘辛い鶏そぼろをつくっておいて、そこににんにく、生姜、玉ねぎなどでさらに味を深めたエスニック風の炒め物。菜の花の力強い味わいはカレー味にしても衰えることはありません。くるみの歯ごたえと香ばしさはお酒にもぴったり。

まずは基本の鶏そぼろをつくっておきましょう

鶏そぼろ
基本の鶏そぼろがあるとカレー炒め以外にもいろいろな料理に応用できます。もちろん、各ご家庭のつくり方でもOKです。

菜の花の鶏そぼろカレー炒めのつくり方

材料材料 (2人分)

鶏そぼろ150g
にんにく小1片分(みじん切り)
生姜小1片分(みじん切り)
玉ねぎ50g(みじん切り)
くるみ30g(粗く刻んだもの)
菜の花1束(200g)
少々
オリーブオイル大さじ1~1.5
クミンシード小さじ1/2(あれば)
カレー粉小さじ2
醤油小さじ1

1菜の花をゆでる

菜の花は葉をむしってざく切りに、茎は長さ2㎝に切る。鍋に湯を沸かして塩を加え、菜の花を入れて30秒ほどゆで、取り出して水気を絞る。

2フライパンで炒める

熱したフライパンにオリーブにオイルをひき、にんにく、生姜、玉ねぎを炒め、香りが立ってきて玉ねぎが透き通ってきたら、あればクミンシードを入れる。クミンシードの香りが出てくるまで炒める。

3鶏そぼろを加えて完成させる

鶏そぼろを加えて炒め合わせ、くるみを加え、カレー粉、醤油を加えて混ぜる。

カレー粉の香ばしさに食欲をそそられます。クミンシードを入れると、エスニック感がさらにアップ。クミンシードは油で香りが出るまで炒めるのがポイントです。

植松良枝 料理研究家

四季に寄り添った食と暮らしを提案する料理研究家。料理教室「日々の飯事」主宰。菜園での野菜づくりがライフワーク。春夏秋冬それぞれの季節が極まり、次の季節の準備期間である「土用」を暦の中でも特に大切にしている。一児の母となり、忙しい日々の中で家族への想いも増してさらに深く土用を考えるようになった。

文・中村裕子 写真・野口健志

※この記事の内容はプレジデントムック四季dancyu「春の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「春の台所。」
四季dancyu「春の台所。」
毎日のキッチンが、もっともっと楽しくなる本
四季dancyu 春の台所。

A4変型判(120頁)
ISBN:9784833478588
2020年03月14日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。