旬の野菜の知恵袋。
カリフラワーとタコとセロリのスパイスホットサラダ。

カリフラワーとタコとセロリのスパイスホットサラダ。

カリフラワーの栄養を逃さない方法を知っていますか?実は生で食べることです。上品な甘味と、コリッとした食感でやみつきになること間違いなし!

カリフラワーを生で食べたことはありますか?

びっくりされる方がいるかもしれませんが、カリフラワーは生で食べられます。
薄くスライスしてそのままサラダに加えるとおいしいです。カリフラワーのもろっとしたなんとも言えない食感がクセになります。

カリフラワー
カリフラワーを生で食べると、上品な甘味と食感の心地良さに驚くはずです。

最近では糖質オフ食材としても注目されているカリフラワー。米と一緒に炊き込んで、かさ増しできる食材としても人気ではありますが、そんな脇役ではもったいない!

カリフラワーは、旨味豊富でいろいろな楽しみ方ができる魅惑の冬野菜なのです。私のおすすめの食べ方として、うす切りのカリフラワーに熱々の油を回しかけて食べるホットサラダを紹介します。

カリフラワー
カリフラワーとタコの淡泊な味わいに、セロリとスパイスで香りを添えます。

カリフラワーのコリッとした食感とタコのムニュッととした弾力、セロリの清々しい香りを楽しむシンプルな中華風の前菜です。
花椒の華やかな香りと八角の中華らしい香り、赤唐辛子の旨味や辛味を油に十分にうつし、熱々の状態でジャッ!と食材にかけるだけ。
カリフラワーは淡白な味わいなので、複雑なスパイスの香りを見事に受け止めてくれます。
スパイスは決して焦がさぬよう、ごく弱火で油をじっくりと加熱していくことさえできれば本当にシンプルなレシピです。粒塩をぱらりとふって召し上がれ。

植松良枝さん

カリフラワーのスパイスホットサラダのつくり方。

材料 材料 (2~3人分)

カリフラワー 120g
タコ 100g(ゆでたもの)
セロリ 1/2本
A 花椒 小さじ1強
A 八角 1個
A 赤唐辛子 1/2本分(輪切り)
A 油 大さじ1と1/2(米油など香りが少ないもの)
A 胡麻油 大さじ1と1/2
粗塩 ひとつまみ
材料

1切る

カリフラワー、セロリ、ゆでダコを5mm幅にスライスする。

カリフラワーとセロリを切る
カリフラワーはうすく切りすぎると、崩れてしまいますので気をつけましょう。
ゆでダコを切る

2盛り付ける

1を大きめの平皿に重ならないよう盛り付けて、上から粗塩をふりかける。

盛り付ける
カリフラワーの上にタコとセロリを盛り付けると、華やかな見た目になります。
全体に塩をふっておく
タコはもとから塩味がするので、主に野菜へ塩をふりかけましょう。

3スパイスオイルをつくる

小鍋や小さなフライパンにAの材料を入れ、ごく弱火にかける。じっくりと油でスパイスを熱していく。

短時間で熱するとスパイスの香りが油に移らず、焦げてしまうので注意。唐辛子は多少黒っぽくなりますが、心配無用です。

4オイルを回しかける

花椒からしゅわしゅわと細かい泡が立ち、油からスパイスの香りを感じたら、火からおろしてすぐさま皿全体にオイルを回しかける。

スパイスオイルをつくる
皿全体にオイルを回しかける
スパイスはあっという間に焦げてしまします。手早く回しかけましょう。
完成

――つづく。

文:植松良枝 写真:宮濱祐美子

yoshie_uematsu_.jpg

植松 良枝(料理研究家)

四季に寄り添った食と暮らしを提案する料理研究家。菜園での野菜づくりがライフワーク。春夏秋冬それぞれの季節が極まり、次の季節の準備期間である「土用」を暦の中でも特に大切にしている。一児の母となり、忙しい日々の中で家族への想いも増してさらに深く土用を考えるようになった。