dancyu食いしん坊俱楽部
伝説の「港屋」ラー油蕎麦がカップ麺で復活!~dancyu食いしん坊倶楽部が試食した

伝説の「港屋」ラー油蕎麦がカップ麺で復活!~dancyu食いしん坊倶楽部が試食した

数々の著名人を虜にし、2019年に惜しまれながら突然幕を閉じた伝説の店「虎ノ門 港屋」。その味がカップ麺として登場だ。ファンには懐かしく、知らない人には刺激的なラー油の辛さと旨味たっぷりの汁で麺をすする食体験は快楽というほかない。dancyu食いしん坊倶楽部の有志が発売前にいち早く試食。新たな伝説の誕生の場に立ち会った。

妥協なき辛さと押し寄せる旨味の相乗効果にツボる!

イラスト

「か、辛ーい!けど、クセになる!」とカップを片手に興奮まじりの言葉を交わすのは、dancyu食いしん坊倶楽部の面々。2020年秋、新宿の「日清食品」本社で、ある商品の発売前試食会に参加していた。

メンバーたちが手にしているのは、2019年に惜しまれつつ幕を閉じた立ち食い蕎麦の名店「港屋」と「日清食品」が共同開発したカップ麺。「港屋」の名物である“肉蕎麦”をイメージした濃いめの甘辛いスープ、プツッと切れる歯応えのよい太麺は、カップ麺と思えないほどの旨味と食感が味わえるとメンバーたちから好評価を得た。実際に「港屋」の“肉蕎麦”を知るメンバーも「家でこの味が食べれるのはうれしい!」とにんまり。

なかでも大いに注目を集めたのが、調理の仕上げにかける特製「港屋 辛香るラー油」だ。「港屋」の蕎麦といえば思い出されるのが、あとを引くような辛味。今回の商品では印象的な辛味を加えるために後入れのラー油が付いている。出来上がりにスープに垂らすと、湯気と共に食欲をそそる香りが上ってくる。

試食の様子
新商品の試食に興味津々のメンバーの皆さん。鋭いコメントを連発。
カップ麺調理の様子
特製「港屋 辛香るラー油」の辛さから、名キャッチフレーズが飛び出した!

小池さん(20代男性・大学生) 「カップ麺としては革新的なだしの旨味を感じました」
鈴木さん(30代女性・不動産) 「辛さに包容力がある。パンチの後に甘味がくる」
峯崎さん(40代男性・サービス) 「乾麺じゃないような食感で、麺の歯切れがすごくいい」

噴き出すキャッチフレーズからのトッピング大会へ

イラスト

ラー油をまとった麺を吸い上げると、あまりの辛さに「ブフッ!」と噴き出しそうになるメンバーが続出。忖度なしの鮮烈な辛味から「開発者の本気度がうかがえる」と、額にはじわりと汗が滲む。
むせるほど辛くてうまい味わいを「これは、“むせうま”です!」という表現した1人の感想に、メンバーたちは納得の表情を浮かべた。

二度目の試食では、麺や具材、スープをじっくりと確かめるように味わっていく。
あるメンバーは「もう一度あの“むせ”をしたくなっている、“むせ”を欲している自分がいる」と呟き、何杯でも食べられる味わいと太鼓判を押していた。
食べ進める中で共通して挙がったのは、「コクのある辛味と甘辛いスープの旨味には、卵やバターのようなトッピングが合いそう!」という声。濃いだしの味わいが持つ懐の深さには、自分色に染めてみたくなるような魅力があるのだ。
「その言葉を待っていました」と開発担当者が用意したのは、20種類を超えるトッピング食材。海苔やご飯などの定番ものから、牛脂、レモン果汁といった変わり種までがずらりと並び、メンバーたちは大興奮!各々が好みの味わいをつくりあげるトッピング大実験が始まった。

机に並んだトッピング
トッピング用の具材からそれぞれが好みの味を探っていった。
海苔をのせたカップ麺
刻み海苔を加えれば、ファンも懐かしむ店の味に近づく。
並んだカップ麺
カップ麺(試作品)が待機中。メンバーの食欲に作るのが追い付かないほど。

宮崎さん(30代女性・コンサル) 「徐々に辛味がなじんで、おいしさが増していく」
吉本さん(40代男性・IT) 「卵が完璧に合う! カップ麺史上一番かもしれない」
鈴木さん(30代女性・不動産) 「ちょい足しすれば何杯食べても飽きないのがすごい」

dancyu食いしん坊倶楽部メンバーに大好評! 鉄板ちょい足しトッピング。組み合わせればなお良し!
第1位 生卵…味がまろやかになり、おいしくないわけがない
第2位 刻み海苔…風味が増し、港屋の味を知るファンも納得
第3位 バター、チーズ…乳製品でまろやかさと旨味ブースト
第4位 揚げ玉…ジャンク感アップで人をダメにするおいしさ
第5位 青ネギ…爽やかさをプラスして汁まで飲み干せる味に
第6位 納豆…旨味に加えてボリュームアップの夢が叶う喜び
第7位 ご飯…残ったスープにイン。大正義の旨辛雑炊が完成

創造神が降臨。そして神トッピングを残してくれた

イラスト

まるで大人の自由研究の様相を呈してきた試食会の中、1人の男性が会場に現れる。
「僕たちがつくったカップ麺はどうですか? 『港屋』の味を越えようという意気込みでつくったんです。いろんな技術革新があって出来た味わいなんですよ」と語るのは「港屋」の元店主であり創業者の菊地剛志さん。
教えてくれたのは、「日清食品」の製麺技術を駆使して限界まで太くした麺や、とろみをつけることで濃厚な味わいに仕上げたスープの開発秘話。菊地さんと「日清食品」開発者たちのたゆまぬ努力を知り、メンバーたちはより味わい深くなった蕎麦をすする。

「『港屋』では、卵やあげ玉、一味唐辛子といったトッピング用の食材を客席に置いていました。今回のカップ麺も、まさに皆さんが楽しんでいるように自由にアレンジしながら食べて欲しいと思いながらつくりました」と菊地さん。自身でも考えてきたというカレーと辛味にんにくの風味を利かせたトッピングを披露し、さらにテンションが上がるメンバーたちだった。

菊地さん
自ら考案したトッピング具材の組み合わせを披露する菊地さん。
試食会のメンバー
予想外の菊地さんの登場と神トッピングにメンバーたちも盛り上がる!

ぜひ試したい。菊地さんの“神トッピング”レシピ

並んだカップ麺

材料材料 (1人分)

港屋カップ麺1個
カレールー小さじ1(フレーク)
にんにく適量(すりおろし)
胡麻油適量
白胡麻小さじ1
長ねぎ小さじ1(小口切り)
辛味にんにく適量(刻みにんにくと豆板醤をお好みで和えたもの)

1カップ麺をつくる

カップ麺のフタの上の特製「港屋 辛香るラー油」の袋を取り、フタを開け、カレールーと沸騰した湯430mlを入れ、フタをする。

2トッピングする

5分後、にんにくを入れてよくまぜ、特製「港屋 辛香るラー油」と胡麻油をかける。

3仕上げる

白胡麻、長ねぎを振りかけ、辛味にんにくをのせたらできあがり!

「dancyu食いしん坊倶楽部推薦!! 虎ノ門 港屋 伝説のラー油蕎麦」発売!

「dancyu食いしん坊倶楽部推薦!! 虎ノ門 港屋 伝説のラー油蕎麦」
「dancyu食いしん坊倶楽部推薦!! 虎ノ門 港屋 伝説のラー油蕎麦」
ラー油蕎麦発祥の店として人気を博し、数々の著名人にも愛された伝説の名店「虎ノ門 港屋」監修のもと、その味わいを表現したオリジナル商品です。
胡椒と和山椒、さらに花椒をきかせた甘い鰹だしの濃厚なつゆは、歯応えのよい太そばと相性抜群です。特製「港屋 辛香るラー油」で仕上げれば、ピリッとした辛さと風味豊かな味わいをお楽しみいただけます。具材は、新開発の「大豆由来のカットチャーシュー(※大豆たん白を主原料に使用し、豚肉のうまみや食感を再現した具材)」、ネギ、炒りごまが入っています。
詳しくはこちら

お問い合わせ情報お問い合わせ情報

日清食品ホールディングス
お客さま窓口:0120‐923‐301 受付時間 10:00~16:00 (土・日・祝日を除く)

お客さま窓口へ
日清食品のロゴ

トッピング創造神

菊地剛志(きくち・たかし)

菊地剛志(きくち・たかし)

1974年、山形県生まれ。日本大学卒業。株式会社KIKUCHI Art Gallery 代表取締役。銀行に入行後、独学で蕎麦を学ぶ。2002年、東京・虎ノ門に「港屋」を創業。現在は、自身の感性を生し多分野の商品をディレクションしている。

文:河野大治朗 写真:kuma*