dancyu祭2022
【クリスチアノ】店の味をそのまま詰めた弁当やレトルトを販売!

【クリスチアノ】店の味をそのまま詰めた弁当やレトルトを販売!

4月23日(土)、24日(日)開催。dancyu祭2022@西新宿へ行こう!入場無料。

東京・代々木公園にある「クリスチアノ」は、ポルトガル料理の美味しさを世に知らしめた伝説の一軒だ。今回は、店の味を弁当やレトルトで販売。どの商品もお酒との相性がいいので、つまみとして食べるのもお薦めです。

祭メニューは「クリスチアノ」の人気弁当と「パッポンキッチン」のカレー

「クリスチアノ」の弁当3種
「クリスチアノ」の弁当3種
「クリスチアノ」の人気メニューを弁当にしました!
上から順に“アフリカンチキン弁当”は、スパイスを絡めて炭火で焼いたチキンが香ばしく、長粒米との相性も抜群。990円。

“イワシ炭火焼き弁当”は、自家製の旨味の強い塩をまぶして焼いたイワシをたっぷり2尾使用。さらりとした長粒米にイワシの旨味や、炭火で焼いた皮の香ばしさ、内臓の苦味が絡まり美味。900円。

“天草タコの炊き込みご飯弁当”は、じっくりとコンフィ(油で煮る調理法)にした天草のタコはホロホロと崩れる柔らかさ。そのだしも入れて炊いた長粒米は、タコの味が染み渡ってつまみにも最適。1,000円。
復刻版「パッポンキッチン」のレトルトカレー6種
復刻版「パッポンキッチン」のレトルトカレー6種
惜しまれつつ閉店した「パッポンキッチン」(タイ料理)のカレーをレトルトで復刻!会場でリヒートして食べることも、お持ち帰りすることもできます。
右から順番に“トムカーガイ(鶏肉と新生姜のココナッツミルクカレー)”、“ガパオ”(ホーリーバジルと豚肉の炒め)、“ゲーンパー(ココナッツミルクの入らない田舎風のレッドカレー)”、“ゲーンノーマイ(川魚の糠漬けと筍の煮込み)”、”ゲーンキョワーン(香りのいいグリーンカレー)”、”パネーンヌア(牛肉のレッドカレー)”それぞれ480円。
「クリスチアノ」の缶詰3種
「クリスチアノ」の缶詰3種
「クリスチアノ」の人気料理を缶詰に!写真は“アフリカンチキン缶詰”。唐辛子、トマト、ニンニクでマリネしたチキンは深みのある辛味がたまらない。缶を開けるだけでビールやワインのあてになります。550円。
そのほか、にんにくの風味が食欲をそそる”バカリャウとジャガイモのオイル煮缶詰”660円や鶏のキンカンが入った“ピピッシュ缶詰(鶏モツのトマトの煮込み)550円も販売。

ポルトガル料理の本当の美味しさを知らしめた伝説の1軒

店主
店主の佐藤幸二さん。イタリアやフランスなどヨーロッパのほか、タイでの修業経験も。
外観
代々木公園の商店街から、路地に入ると見えてくる可愛らしい店舗。
店内
カップルからご近所の家族連れ、年配のご夫婦まで客層は幅広く、誰でも気軽に楽しめる明るい店内だ。軽やかな白、ヴィーニョヴェルデに代表されるポルトガル産のワインも充実。

干し鱈に鰯やタコといった魚介を多用し、オレンジやにんじん、バニラなども使うのが特徴。そんな異国のポルトガル料理を、一気に知らしめたのがここ「クリスチアノ」だ。12年前のオープン当時から現在に至るまで、店内は毎晩陽気に楽しむ客の姿であふれている。

料理
“バカリャウ・ア・プラス”は自家製の干し鱈とせん切りのフライドポテトの卵とじ。ピチピチと軽い飲み心地のヴィーニョ・ヴェルデとぴったりだ。
料理
“豚とはまぐりのアレンテージョ風炒め”は、魚介と肉を一緒に使ったポルトガルらしい一品。パプリカペーストに漬け込んだ豚肉と蛤の旨味を吸ったフライドポテトは禁断の味。

料理は小皿も大皿もシェアして食べられるカジュアルさだが、どの皿も一からきちんとつくられている。たとえば、ポルトガル料理で多用されるバカリャウ(干し鱈)は、鱈を丸のまま塩漬けし、時間をかけて干してつくり、今では現地でも手づくりする人がほぼいないという調味料の、発酵パプリカペーストも自家製だ。さらには、旨味を調整する塩までつくってしまう徹底ぶり。

そんな素材が使われた丁寧な味わいにハマる人が続出し、「クリスチアノ」は一躍人気店へと上りつめた。
「海外で年半修業する中で、ポルトガル料理と出会ったときは衝撃でした。単純な要素でなぜこんなに旨いんだ?と他の国での修業が吹っ飛んだくらいです(笑)」と店主の佐藤幸二さん。現在では、ポルトガルスイーツ店やもんじゃ焼き屋など、他ジャンルの店を複数経営する実業家の顔もある。だが、彼の原点となったこの店では、その衝撃が今も再現されているのだ。

店舗情報店舗情報

クリスチアノ
  • 【住所】東京都渋谷区富ケ谷1-51-10 1階
  • 【電話番号】03-5790-0909
  • 【営業時間】17:00~22:00(L.O.) 土日祝は12:00~14:00 (L.O.)も営業
  • 【定休日】無休
  • 【アクセス】東京メトロ「代々木公園駅」1番出口より1分

イベント情報

dancyu祭2022

開催日時
2022年4月23日(土)・24日(日) 10:00~18:00(予定) (飲食のL.O.は17:30)
場所
東京都新宿区西新宿2‐6‐1 新宿住友ビル 三角広場 GoogleMap
※新型コロナウイルス感染防止の対策を施して開催します。感染拡大状況次第で人数・時間制限などを実施する可能性もあります。
イベント詳細
イベント詳細はコチラ

※当日は内容や盛り付けが変更になる場合もあります。

文:浅妻千映子 撮影:伊藤菜々子

浅妻 千映子

浅妻 千映子 (食ライター)

「ラ・ブランシュ」に「ドンチッチョ」、「タマ」に「ラチュレ」「ラ・コッポラ」……。美味がひしめく、渋谷二丁目出身。渋谷を愛す。聖心女子大学卒。ライターとして雑誌やweb 等で活躍。料理研究家として講師も。著書に『江戸前握り』『パティシエ世界一』(光文社新書)など、レシピ本に『浅妻千映子キッチン』(ぴあ)、『ほめられレシピ』(主婦と生活社)がある。『東京最高のレストラン』(ぴあ)の審査員。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。