米をつくるということ。
「みんなで稲刈り!!!」参加者募集!

「みんなで稲刈り!!!」参加者募集!

10月5日(土)、10月6日(日)稲刈り体験イベントを開催します。

稲刈り、やってみたいと思いませんか?秋晴れの空の下、視界が広がる魚沼の棚田で稲を刈りませんか?刈り取った稲は、縄でくくり、天日に干します。機械を使わず、すべて手作業で行いますよ。そして、稲刈りだけじゃないんです。アートに温泉に、楽しいことだらけの2日間。みなさんのご参加をお待ちしております!

稲刈り、ボルタンスキー、温泉、ご馳走、てんこ盛り!

風景

イベント告知

「みんなで稲刈り!!!」

開催日時
2019年10月5日(土)&10月6日(日)
開催場所
新潟県十日町市松代
集合場所
池袋駅西口「東京芸術劇場前」/まつだい駅
解散場所
池袋駅西口「東京芸術劇場前」/越後湯沢駅
募集人数
20名(先着)
参加費
・大人(中学生以上)5,000円
・子供(小学生)3,000円
・幼児(未就学児)1,000円
参加費に含まれるもの
・10月5日の昼食と夕食、10月6日の朝食と昼食(全4食)
・日帰り温泉「ナステビュウ湯の山」入浴
・クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」鑑賞
・レアンドロ・エルリッヒ「Lost Winter」鑑賞
・マ・ヤンソン/MAD アーキテクツ「Tunnel of Light」鑑賞
・「三省ハウス」宿泊
・池袋~まつだい往復バス
・収穫した米1kg(後日のお渡し/幼児には含まれません)
連絡事項
・日帰りの参加も可能です。往路のみ、復路のみのバス利用も出来ます。5日の稲刈りの途中から、または温泉、または「最後の教室」鑑賞、または「三省ハウス」からの合流も可能です。6日も同様に途中での退出も出来ます。その場合の現地まで、または現地からの交通手段は各自で手配をお願いします。いずれの場合も、参加費は変わりません。
・稲刈りは多少の雨でも行いますが、天候によっては予定を変更する場合もあります。あらかじめご了承ください。予定変更の場合は、10月4日(金)21:00~21:30に登録のメールアドレスにご連絡いたします。
・万が一、台風などにより中止になった場合は、お米5kgをお渡しいたします。返金には応じられませんことを、何卒ご了承ください。
・「三省ハウス」の客室は、教室だった場所に二段ベッドを設えたものです。16人部屋と8人部屋があります。宿泊は男女別室となります(お子様と一緒に夫婦で参加の場合はご相談ください)。トイレは男女別に3ヶ所設置。男女別のシャワールームもあります。歯ブラシ、タオル類はご持参ください(販売もしています)。ペットボトルや缶コーヒーなどの自動販売機があります。アルコール類はビール、チューハイ、日本酒などを食堂で販売しています。
稲刈り時の服装や持ち物
・汚れても差し支えない服装(予備の服装を持参いただくことをお薦めします)
・長靴(レンタル長靴500円のご用意もあります)
・帽子(熱中症予防のためにもご用意ください)
・タオル(何枚かあると便利です)
・雨具(雨天の場合に必要となります)
スケジュール
10月5日(土)
8:30 池袋駅西口「東京芸術劇場前」集合
12:00 まつだい駅集合&到着&昼食
13:30 稲刈りスタート
16:00 「ナステビュウ湯の山」にて入浴
17:00 クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」鑑賞
18:30 「三省ハウス」チェックイン
19:00 夕食
19:30 藤原智美さん&小林昇二さん「米をつくるということ」懇親会
20:30 レアンドロ・エルリッヒ「Lost Winter」鑑賞

10月6日(日)
7:00 朝食
8:30 「三省ハウス」チェックアウト
9:00 稲刈りスタート
12:00 昼食
13:30 マ・ヤンソン/MAD アーキテクツ「Tunnel of Light」鑑賞
15:00 越後湯沢駅解散
19:00 池袋駅西口「東京芸術劇場前」解散


「PRESIDENT ID」(※)をお持ちの方は、下記よりログインのうえ、お申し込みください。
「PRESDIENT ID」をお持ちでない方は、下記より会員登録していただくと、お申し込みが可能になります。
(※)dancyu会員、プレジデントオンライン会員の方に付与されています。
無料会員登録 / ログイン

秋といえば、稲刈り。秋といえば、食欲の秋。

2019年5月、dancyuのwebは米づくりに挑戦しました。
心を込めてコシヒカリの苗を植えた田んぼは、日本の米処「新潟県十日町市」。そう、魚沼です。そして、棚田です。
今回の米づくりは、農薬を使っていません。手がかかることはわかってはいましたが、始めてみると、予想外&驚きの連続でした!
棚田での田植えから苗が稲に育つまでを、実際に体験したのは芥川賞作家の藤原智美さん。64歳にして、人生初の米づくり。文字通り汗と涙のルポルタージュをぜひ!

令和になって初めての夏を超えた苗はスクスクと育ち、元気な稲へと成長して、収穫される瞬間をいまかいまかと待っています。
10月5日と6日の2日間、棚田バンクモニターツアーで、一緒に魚沼の棚田で稲刈りを体験しませんか?

稲刈り

明日は「みんなで稲刈り!!!」の詳細をご案内します!