食欲の秋に欠かせない肉料理
肉の旨さをストレートに味わう"牛肉のフライパンロースト"

肉の旨さをストレートに味わう"牛肉のフライパンロースト"

しっかりとした牛の赤身の旨味が味わえる王道の料理です。洋食をこよなく愛する坂田阿希子さんが繰り返しつくってきた、とっておきの肉料理をご紹介します。

“牛肉のフライパンロースト”のつくり方

もも肉やランプ肉などの赤身肉でつくる、牛肉たたき風。よく熱したフライパンに入れて高温でしっかりと表面を焼き、その後、余熱でゆっくりと火を入れていくと、旨味が逃げません。繊維を直角に断つようにして薄く切り分けると口当たりもよく、牛肉のおいしさをストレートに味わうことができます。

材料材料 (4~5人分)

牛ランプ肉またはもも肉500g(塊)
適量
粗挽き黒胡椒適量
オリーブオイル大さじ1

1下ごしらえ

牛肉は焼く3時間ほど前に室温にもどしておく。

肉を常温にもどす
牛肉は室温に3時間ほどおく。冷蔵庫から出したばかりの肉は火の通りが悪く、中心部分まで火が入るのに時間がかかる。

2塩をふる

1に塩、胡椒をふる。

3焼く

フライパンを強火でしっかり熱してオリーブオイルをなじませ、2を入れて中火で焼く。全体にしっかりと焼き色がつくまで、転がしながら焼く。指で押したときに少し弾力を感じるくらいまで火を通し、火からおろしてそのまま10分ほどおく。

焼く
火を止めてフライパンがまだ熱い状態で10分ほどおく。この間に余熱で中まで火が通り、肉汁も落ち着く。

4仕上げ

3の牛肉を繊維を直角に断つようにして薄めに切り分け、器に盛る。

完成

教える人

坂田阿希子 料理研究家

坂田阿希子 料理研究家

フランス菓子店やフランス料理店で経験を重ね、独立。料理教室「studioSPOON」を主宰しつつ、昨秋、代官山に「洋食KUCHIBUE」をオープン。フランス料理やエスニック料理などジャンルを飛び越えておいしいものへの探究心が旺盛で、プロの手法と自らの経験を活かした生命力あふれる料理にファン多し。

文:松原京子 写真:木村 拓

この記事は四季dancyu「秋のキッチン」に掲載したものです。

四季dancyu 秋のキッチン
四季dancyu 秋のキッチン
家で料理をするのが、楽しみになる本

A4変型判(120頁)
ISBN:9784833479097
2020年09月11日発売/1,100円(税込)
松原 京子

松原 京子 (フードエディター&ライター)

食をメインとした雑誌や料理の書籍などで企画・編集・執筆を手がける。この業界に入って早うん十年、やれ試食だ試作だ、新しい店ができたんだって、この店の味は残さなきゃ、と外食を続けているうちに体重が増え続け、20代の頃の倍の重さに!(本当に倍の数字です)。一口じゃおいしさなんてわからない、全部食べてこそ真意がわかると思っている。家では真っ当な調味料と安全な食材でつくるシンプルな料理を心がける。