食欲の秋に欠かせない肉料理
ボリューム満点のご馳走サンド"ポークマリネのサンドイッチ"

ボリューム満点のご馳走サンド"ポークマリネのサンドイッチ"

ポークのソースマリネは20~30分マリネすると味がなじんでおいしくなりますが、一晩おいてもOK。多めにつくって冷蔵庫に入れておけば、食べたいときにいつでも対応できます。洋食をこよなく愛する坂田阿希子さんが繰り返しつくってきた、とっておきの肉料理をご紹介します。

“ポークマリネのサンドイッチ”のつくり方

メインになる具は豚こま切れ肉。ゆでてソース&ケチャップ味でマリネにし、アツアツの目玉焼き、シャキシャキの生野菜を取り合わせ、ボリューム満点のサンドイッチに仕立てます。
パンは角食でも山型パンでもかまいませんが、2枚重ねにして片面だけトーストしたものを使うのがポイントです。

材料材料 (2人分)

★ ポークのソースマリネ
・ 豚こま切れ肉200g
・ 玉ねぎ1/2個
・ ウスターソース大さじ3
・ トマトケチャップ大さじ3
・ 醤油少々
・ サラダ油大さじ1 1/2
2個
サラダ油少々
レタス2~3枚
きゅうり1/2本
トマト1/2個
イギリスパン6枚(8枚切り)
からしバター(混ぜ合わせる)
マスタード小さじ1(できればコールマンズ*)
バター30g(室温にもどす)
マヨネーズ適量
トマトケチャップ適量
きゅうりのピクルス適量

*コールマンズ……イギリスの代表的マスタード。フレンチマスタードとは違い、日本のからしのような色と香り。代用として、和がらしを少し減らして使っても。

1ポークのソースマリネをつくる

豚肉は熱湯でさっとゆで、ザルにあげてゆで汁をきる。玉ねぎは繊維に直角に厚さ2~3mmに切る。バットにウスターソース、トマトケチャップ、醤油、サラダ油を合わせ、豚肉と玉ねぎを加えて20~30分おく。

2挽き肉を練る

卵はサラダ油を熱したフライパンで両面焼きの目玉焼きにする。レタスは手で大きめにちぎり、きゅうりは半分の長さに切って縦に薄切りにする。トマトは薄切りにする。

3パンをトーストする

パンは2枚ずつ重ねて軽くトーストし、3枚1組にする。それぞれ片面にからしバターを塗る。

4挟む

1枚目のパンにレタス、1のマリネの順にのせ、2枚目のバター面にマヨネーズを塗ってその面を下にして重ねる。上になった面にトマトケチャップとマヨネーズを塗り、きゅうり、トマト、目玉焼きの順にのせる。3枚目のバター面にトマトケチャップを塗ってその面を下にして重ねる。

5仕上げ

軽く押さえてなじませ、切り分ける。きゅうりのピクルスを添える。

完成

教える人

坂田阿希子 料理研究家

坂田阿希子 料理研究家

フランス菓子店やフランス料理店で経験を重ね、独立。料理教室「studioSPOON」を主宰しつつ、昨秋、代官山に「洋食KUCHIBUE」をオープン。フランス料理やエスニック料理などジャンルを飛び越えておいしいものへの探究心が旺盛で、プロの手法と自らの経験を活かした生命力あふれる料理にファン多し。

文:松原京子 写真:木村 拓 田村昌裕(プロフィール)

この記事は四季dancyu「秋のキッチン」に掲載したものです。

四季dancyu 秋のキッチン
四季dancyu 秋のキッチン
家で料理をするのが、楽しみになる本

A4変型判(120頁)
ISBN:9784833479097
2020年09月11日発売/1,100円(税込)
松原 京子

松原 京子 (フードエディター&ライター)

食をメインとした雑誌や料理の書籍などで企画・編集・執筆を手がける。この業界に入って早うん十年、やれ試食だ試作だ、新しい店ができたんだって、この店の味は残さなきゃ、と外食を続けているうちに体重が増え続け、20代の頃の倍の重さに!(本当に倍の数字です)。一口じゃおいしさなんてわからない、全部食べてこそ真意がわかると思っている。家では真っ当な調味料と安全な食材でつくるシンプルな料理を心がける。