夏にぴったりのスペイン料理
ビネガーが効いた軽やかな"鶏肉のアヒージョ"

ビネガーが効いた軽やかな"鶏肉のアヒージョ"

これがアヒージョ?と思われるかもしれないですが、これも立派なアヒージョです。日本でよく知られる、材料がオイルに浸ったものとは違いますが、にんにくをたっぷりときかせたこの一品も食卓によく登場する家庭料理です。スペインの夏の定番家庭料理をマドリード滞在歴14年の料理研究家、丸山久美さんに教えてもらいました。

“鶏肉のアヒージョ”のつくり方

鶏肉に粉をはたくので、軽くとろみがつきますが、ビネガーで引き締めるので軽やかな味わい。現地では仕上げに、揚げ焼きにしたじゃがいもを添えたり、からめたりして、さらにボリュームアップするのが定番。

材料材料 (4~6人分)

鶏もも肉*350g
少々
胡椒少々
小麦粉大さじ1
にんにく2~3片分(みじん切り)
オリーブオイル大さじ1
白ワイン大さじ3
白ワインビネガー大さじ1
イタリアンパセリ1本分(みじん切り)

*鶏もも肉は、から揚げ用に切ってあるものを使ってもよい。

1下ごしらえ

鶏肉は食べやすい大きさに切り、塩、胡椒をふったら小麦粉を薄くはたく。

2焼く

フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、1を皮目から焼く。いい色になったらひっくり返してもう片面もサッと焼いて取り出す。ここでは中まで火が通っていなくてもよい。

3蒸し焼きにする

同じフライパンににんにくを加えて弱火で炒め、香りが出たら白ワインを加える。煮立ててアルコールがとんだら鶏肉を戻す。蓋をして弱火にかけ、しばらく蒸し焼きにする。

4仕上げ

ワインの水分がなくなり、鶏肉の中まで火が通ったら、白ワインビネガーをふりかけて煮詰める。器に盛り、イタリアンパセリをふる。

完成

教える人

丸山久美 料理研究家

丸山久美 料理研究家

ツアーコンダクターとして世界中を回った後、スペイン・マドリードで14年暮らす。2001年に帰国後は、スペインの家庭料理を中心に料理教室を主宰しながら雑誌やウェブでも活躍。著書も多数出版。

文:鹿野真砂美 写真:宗田育子

※この記事は四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
鹿野 真砂美

鹿野 真砂美 (ライター)

1969年東京下町生まれ。酒と食を中心に執筆するフリーライター。かつて「dancyu」本誌の編集部にも6年ほど在籍。現在は雑誌のほか、シェフや料理研究家のレシピ本の編集、執筆に携わる。料理は食べることと同じくらい、つくるのも好き。江戸前の海苔漁師だった祖父と料理上手な祖母、小料理屋を営んでいた両親のもと大きく育てられ、今は肉シェフと呼ばれるオットに肥育されながら、まだまだすくすく成長中。