ロックフィッシュ流家呑みつまみ
ピーナッツのコクと腸詰がクセになる"ミニサンドイッチ"

ピーナッツのコクと腸詰がクセになる"ミニサンドイッチ"

ちょっと驚く組み合わせの一品をご紹介します。中国腸詰の甘味はピーナッツバターと相性抜群。ぜひ試してみてください。日本一と称されるハイボールが有名な「ロックフィッシュ」店主の間口一就さんに、家呑みがぐっと楽しくなるつまみレシピを教えてもらいました。

“ミニサンドイッチ”のつくり方

これも意表をつく組み合わせ、でも食べれば納得。ピーナッツバターの塩気と歯ごたえが中国腸詰の甘味と旨味にぴったり。薄く塗ったマヨネーズが味を支えます。

材料材料 (4~5人分)

食パン8枚(12枚切り、約1cmスライス)
中国腸詰1本(※)
ピーナッツバター80g(粒入り)
マヨネーズ15g

※一般的に、牛、羊、豚肉を使った中華風のソーセージ。日本では台湾ソーセージとも。独特の香辛料の香りと甘味があって、炊き込みご飯やちまきに使ったり、そのままゆでておつまみに。中国食品店などで売られています。

1焼く

パンをトースターで片面だけ焼く。

2調味料を塗る

焼いていない側にマヨネーズを薄く塗り、ピーナッツバターも塗る。

3挟む

3mm程度に斜めにスライスした腸詰を挟む。

完成

教える人

間口一就さん 「ロックフィッシュ」店主

間口一就さん 「ロックフィッシュ」店主

簡単であっ!といわせるオリジナルレシピの達人。何かにハマるととことん突き詰める凝り性。缶詰や麺など興味あるジャンルは多彩。

店舗情報店舗情報

ロックフィッシュ
  • 【住所】東京都中央区銀座7‐3‐13 ニューギンザビル1号館 7F
  • 【電話番号】03‐5537‐6900
  • 【営業時間】13:00~21:30 土日祝日は14:00~18:00
  • 【定休日】不定休
  • 【アクセス】都営三田線「内幸町駅」より5分

写真:キッチンミノル 文:編集部

この記事は四季dancyu「夏の食卓。」に掲載したものです。

夏の食卓。
四季dancyu「夏の食卓。」
A4変型 判( 116 頁)
ISBN: 9784833477079
2018年6月5日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する