満足感たっぷりのサンドイッチをつくろう!
豆板醤を効かせた"ピリ辛生姜焼きサンドイッチ"

豆板醤を効かせた"ピリ辛生姜焼きサンドイッチ"

ご飯に合うおかずはパンにも合うんです!豆板醤の効いた生姜焼きは、味わい、香りともに食欲を掻き立てます。季節感を大切にした素材選びと、つくりやすいレシピに定評がある料理研究家の井原裕子さんに満足感たっぷりのサンドイッチを教わりました。

“ピリ辛生姜焼きサンドイッチ”のつくり方

ピリッと豆板醤のきいた豚肉がボリューミー。普通のサンドイッチでは満足できない食べ盛りのお子さんもこれなら喜んでくれそうです。

材料材料 (1人分)

サンドイッチ用食パン4枚(耳なし)
マヨネーズ大さじ1
マスタード適量
★ ピリ辛生姜焼き
・ 豚ロース肉100g(しゃぶしゃぶ用)
・ 胡麻油大さじ1/2
・ 酒大さじ1
★ たれ
・ 豆板醤小さじ1/2
・ 醤油大さじ1/2
・ 砂糖大さじ1/2
・ 生姜小さじ1(すりおろし)
サニーレタス2枚

1ピリ辛生姜焼きをつくる

フライパンに胡麻油を入れて熱し、豚肉を入れて中火で焼く。焼き色がついたら裏に返して1分ほど焼く。

2たれをつくる

酒をふり入れ、たれの材料を加えて混ぜながらからめる。

3パンに調味料を塗る

パンはそれぞれ片面にマヨネーズ、マスタードを塗る。

4仕上げ

パンを2枚一組にして、1枚の上にサニーレタス1枚をパンの大きさにたたんでのせ、2 の半量をのせてもう1枚で挟む。手で軽く押さえ、切り分ける。

仕上げ

教える人

井原裕子 料理研究家

DELISH KITCHEN副編集長を務め、食生活アドバイザー、野菜ソムリエとしても活躍している。節感を大切にした素材選びと、つくりやすいレシピに定評がある。

構成:中村裕子 写真:野口健志

※この記事は四季dancyu「夏の食卓。」に掲載したものです。

四季dancyu夏の食卓。
四季dancyu夏の食卓。
A4変型判( 116 頁)
ISBN: 9784833477079
2018年06月05日発売 /1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。