夏野菜を食卓に!
爽やかな夏の味覚を楽しむ"みょうがたっぷり手こね寿司"

爽やかな夏の味覚を楽しむ"みょうがたっぷり手こね寿司"

香味野菜を使った夏らしさ満載のお寿司です。ヅケにしたまぐろの旨味とみょうがの香りと刺激が絶妙にマッチします。植松良枝さんが主宰する料理教室で登場する季節ごとに食べたい、つくりたい料理のレシピをご紹介します。ぜひ、つくってみて季節のおいしさを味わってみてください!

“みょうがたっぷり手こね寿司”のつくり方

手こね寿司は旬のかつおやあじもおすすめです。まぐろと同様にづけにしてつくってください。

材料材料 (4人分)

★ まぐろのづけ
・ まぐろ約200g(サク)
・ 醤油大さじ2
・ みりん大さじ2
熱々のご飯2合分
★ すし酢
・ 酢大さじ4
・ 砂糖大さじ2
・ 塩小さじ1と1/2
A
・ 白煎り胡麻大さじ1と1/2~2
・ 生姜2片分(みじん切り)
・ あさつき3~4本分(または小ねぎ。小口切り)
★ 薬味
・ みょうが3個
・ 青じそ6~8枚
もみのり適量
白煎り胡麻適量

1まぐろのづけをつくる

小鍋にみりんを入れて火にかけ、アルコール分をとばし、醤油と合わせて冷まして漬け汁をつくる。まぐろは厚さ5mmの薄切りにしてバットに入れ、漬け汁を回しかけて20分ほどおく。

まぐろのづけをつくる
まぐろは味を均一になじませるため、重ならないようにしてバットに並べ、漬け汁に漬けてください。

2すし飯をつくる

炊き上がったご飯を飯台や大きい容器に移してしゃもじで広げ、熱々のうちによく混ぜ合わせたすし酢を回しかける。切るように混ぜ、途中Aも加えて混ぜ合わせる。

3混ぜ合わせる

まぐろのづけの汁気を適度にきって粗熱の取れた2の上に広げ、手でよくなじむように混ぜ合わせる。

混ぜ合わせる
すし飯にまぐろを加えてよく混ぜます。手袋をするとご飯粒もくっつかずに手早く混ぜられます。漬け汁適量を加えたあとに混ぜてしまうとご飯に色がつきすぎてしまうので、混ぜるのはこの工程のみにします。

4漬け汁を加える

バットに残った漬け汁を適量すし飯に回しかける。

5仕上げ

みょうがは薄い輪切りにし、青じそは手で小さめにちぎる。器に4を盛って薬味、もみのり、胡麻を散らす。

完成

教える人

植松良枝 料理研究家

植松良枝 料理研究家

季節を料理だけでなく、生活にも取り入れながら暮らす料理研究家。大人気の料理教室「日々の飯事」を主宰。母になってからは、日々成長する子供にも季節を映すようになったとか。子育てしていても食に対する想いは増すばかり、と女友達のバックアップを受けながら、親子での台湾「食」の旅を敢行。初夏には、1人メンバーが増えた喜びを噛みしめながら親子3人でバスク地方に出かけ、たくさんの収穫を得て帰国。

構成:中村裕子 写真:野口健志

※この記事は四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。