中華鍋でつくるダイナミック料理
歯ざわりが心地よい"もやしと豚肉の塩炒め"

歯ざわりが心地よい"もやしと豚肉の塩炒め"

サッと炒めるだけという、シンプルなものだからこそ奥が深いもやし炒め。ぜひ最高の炒め加減を習得してみてください。中華鍋は炒める、揚げるはお手のもの、加えて燻(いぶ)すもできる万能調理器具!そんな中華鍋だからつくれるダイナミックな料理を、料理研究家の大庭英子さんに習いました。

“もやしと豚肉の塩炒め”のつくり方

炒めすぎ注意!
勝負はたったの30秒!
もやしを強火で炒めていったん取り出すことでシャキシャキの歯ざわりに。仕上げは調味料と豚の旨味を全体にからめるだけ。

材料材料 (2人分)

もやし1袋(250g)
豚もも肉100g(薄切り)
片栗粉大さじ1/2(豚肉用)
サラダ油大さじ1と1/2
大さじ1
小さじ1/3
胡椒少々

1下ごしらえ

もやしはできればひげ根を取り、水でさっと洗ってサラダスピナーで水気をよくきる。豚肉は幅5mmに切り、ボウルに入れる。

2もやしを炒める

中華鍋にサラダ油大さじ1を熱してもやしを入れ、強火で30秒ほど炒めて取り出す。

3豚肉を加える

中華鍋をさっと洗って水気を拭き、サラダ油大さじ1/2を入れて熱し、豚肉に片栗粉をふり入れて混ぜ、中華鍋に加える。

4仕上げ

中火でほぐすようにして炒め、肉の色が変わったらもやしを戻し入れて酒をふる。塩、胡椒も加え、強火にしてさっと炒めて器に盛る。

完成

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

※この記事は四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。