メインのおかずを小さなフライパンひとつで!
ハーブが香りジューシーな"イワシのプロバンス風"

ハーブが香りジューシーな"イワシのプロバンス風"

脂ののったイワシをフライパンにぎゅうぎゅう詰めて焼けば、身が崩れる心配もありません。にんにくやパセリが爽やかに香るプロバンス風の一品です。小さなフライパンは超がつくほど役に立つんです!餃子や肉巻きを、ぎゅうぎゅうに詰めて、大きなハンバーグもジューシーに、蓋をすれば蒸し煮、蒸し焼きが超クイックに出来上がります。人気料理研究家の大庭英子さんに、フライパンひとつでできるメインになるおかずを習いました。

“イワシのプロバンス風”のつくり方

地中海に面するフランスのプロバンス地方は魚料理がたくさん。なかでもオリーブオイル、にんにく、ハーブを使ったイワシ料理は絶品。フライパンに詰めて表面カリカリに仕上げます。

材料材料 (3人分)

イワシ6尾(手開きにしたもの)
少々
胡椒少々
グリーンアスパラガス2本
ミニトマト6個
★ 香りパン粉
・ 生パン粉1カップ
・ にんにく1片分(みじん切り)
・ パセリ大さじ4(みじん切り)
・ 塩小さじ1/4
・ 胡椒少々
オリーブオイル大さじ3

1下ごしらえ

イワシは腹骨をそぎ取り、両面に塩、胡椒をふる。アスパラは根元を2mmほど切り落として、長さの半分までピーラーで皮をむき、長さを3等分に切る。

下ごしらえ

2巻く

イワシを並べ手前にアスパラは2本、トマトは2個ずつをのせて巻き、それぞれ3尾ずつつくる。

巻く

3香りパン粉をつくる

ボウルにパン粉を入れて残りの材料を加え、均等になるまで混ぜる。

香りパン粉をつくる

4パン粉をつける

バットに香りパン粉を敷き、イワシを入れて表面全体にまぶす。

パン粉をつける

5フライパンに並べる

フライパンにイワシを並べ、残った香りパン粉も全体に入れ、オリ ーブオイルを全体に回しかける。

焼く

6焼く

蓋をして中火で4分ほど焼く。フライパンよりやや小さい蓋をのせ、フライパンごと裏に返してイワシのぎゅうぎゅう焼きを蓋にのせ、そのままフライパンにスライドさせて戻してひっくり返し、さらに2~3分蒸し焼きにする。

焼く
焼く

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

※この記事は四季dancyu「春の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「春の台所。」
四季dancyu「春の台所。」
毎日のキッチンが、もっともっと楽しくなる本
四季dancyu 春の台所。

A4変型判(120頁)
ISBN:9784833478588
2020年03月14日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。