一カ月パスタ生活こぼれレシピ
セロリの香りでグッと旨味が引き立つ"大好きなボンゴレ"

セロリの香りでグッと旨味が引き立つ"大好きなボンゴレ"

香味野菜の力強い香りが、アサリの旨味を引き立てます。dancyu2021年4月号で掲載した、ハヤシコウさんの「一カ月パスタ生活」。日記に登場したけれど、誌面に載せきれなかったレシピをご紹介。さて、どれからつくろう?

“大好きなボンゴレ”のつくり方

セロリは、緑の葉には爽やかな香り、白い芯にはすっきりとした甘味があるので、牛肉や貝類のように、味や香りの強い食材と組み合わせると良いです。ややもすると単調に思える強い味の食材に、今まで気づかなかった味の広がりを発見できますよ。

材料材料 (2人分)

リングイネ140g
アサリ14個(砂ぬきしておく)
セロリ1/4本(芯はみじん切り、葉はざく切り)
にんにく1片(芯を取って潰す)
赤唐辛子1/2本(粗く刻む)
オリーブオイル小さじ2
6g

1パスタをゆでる

鍋に水2Lに対して塩6gを入れて沸かし、パスタをゆで始める。

2具材を炒める

フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ、20秒間おいて弱火にかける(にんにくと唐辛子は脂溶性なので、加熱前のオイルに浸すこと)。香りがたったらセロリの茎を加え、透き通るまで炒める。アサリと水少々を入れて中火で熱し、口が開いたらアサリを取り出す。

3パスタをソースで煮込む

ゆで上がり2分前のパスタをフライパンへ移す。ゆで汁でソースの濃度を調節しながら、2分間煮込む。

4仕上げる

セロリの葉、取り出しておいたアサリを加えて混ぜれば完成。

完成

つくった人

ハヤシコウ デザイナー

人呼んで〝日本人初のイタリア人〞2019年には好きが昂じて、東京・成城学園前にオステリア「クインディチ」を開店。米よりもパスタを愛し、この食生活を続けること、早20年。一日2パスタの日も珍しくない。

文・写真:ハヤシコウ

dancyu2021年4月号
dancyu2021年4月号「シンプルパスタ」
A4変型判(156頁)
2021年3月05日発売/ 900円(税込)
この雑誌を購入する