酒を呼ぶアボカドスナック
ワインに合う上品な一皿"アボカドとミニトマトのアンチョビ和え"

ワインに合う上品な一皿"アボカドとミニトマトのアンチョビ和え"

アボカドのクリーミーさとトマトのフレッシュ感、そこにアンチョビの塩味が加わると、病みつきになる味わいに。爽やかなハーブや刺激のあるスパイスと出合うことで、マイルドでクリーミーなアボカドの魅力がアップ。インド・スパイス料理研究家の香取薫さんに、本格的なインド料理のテクニックから和のハーブを使った独創的な料理まで、酒を呼ぶ色鮮やかなスナックのつくり方を教わりました。

“アボカドとミニトマトのアンチョビ和え”のつくり方

南仏のミックススパイスをからめただけでアボカドもトマトも高級感ある味わいに。ターメリックは味のまとめ役。アンチョビの塩辛い旨味や白胡椒の香りも調和した風味豊かなおいしさ。

材料材料 (2人分)

ややかためのアボカド1個
ミニトマト6個
赤唐辛子1本
A
・ オリーブオイル大さじ2
・ アンチョビ4切れ
・ にんにく小さじ1/4(みじん切り)
ターメリック小さじ1/6
エルブドプロバンス*小さじ1強
白胡椒小さじ1/4

*数種のハーブをミックスした調味料

1下ごしらえ

アボカドは果肉をスプーンで丸くくりぬく。ミニトマトはへたを取る。赤唐辛子は縦に切り目を入れる。

2炒める

小さめのフライパンに赤唐辛子とAを入れて中火にかける。アンチョビが跳ねてきたらターメリックとエルブドプロバンス(数種類のハーブミックス)を入れ、弱火にする。

3仕上げ

油がなじんだら、ミニトマトを加えてヘラで転がす。トマトの皮が破け始めたらアボカドを加える。火が通ったら、白胡椒を加え混ぜる。

完成

教える人

香取 薫  インド・スパイス料理研究家

香取 薫  インド・スパイス料理研究家

長年インドへ赴き、現地の主婦たちから家庭料理を習得。日本人に合わせたスパイス使いが得意で、料理教室などで本場の技を伝授。伝承医学・アーユルヴェーダにも精通する。『薫るスパイスレシピ』(山と渓谷社)など著書多数。

文:安井洋子 写真:竹之内祐幸

※この記事は「使えるdancyuアボカド」に掲載したものです。

使えるdancyuアボカド
使えるdancyuアボカド
A4変型 判( 88 頁)
ISBN: 9784833479349
2020年11月16日発売 / 880円(税込)
この雑誌を購入する
安井 洋子

安井 洋子

九十九里生まれ。東京に住んでみたけれど、海が恋しくなって葉山に移住。雑誌やウェブに食まわりの記事を執筆する。息抜きは、ナチュラルワイン好きの聖地・鎌倉でのひとり飲み。