一カ月パスタ生活こぼれレシピ
全粒粉のパスタでつくる"ワインが進むパスタ"

全粒粉のパスタでつくる"ワインが進むパスタ"

小麦の香りが香ばしい全粒粉のパスタと、万願寺唐辛子のほろ苦さが赤ワインの渋みにぴったり!ついつい呑みすぎちゃうパスタなので、ご注意を。dancyu2021年4月号で掲載した、ハヤシコウさんの「一カ月パスタ生活」。日記に登場したけれど、誌面に載せきれなかったレシピをご紹介。さて、どれからつくろう?

“ワインが進むパスタ”のつくり方

香ばしい全粒粉のパスタと、ほろ苦い万願寺唐辛子で、オイルパスタに。これが意外に、赤ワインの渋みと合うんです。万願寺唐辛子は、シャキッとした食感を生かしたいので、さっと加熱するだけでOK。

材料材料 (2人分)

スパゲッティ160g(全粒粉)
万願寺唐辛子※2個(種を取らずに斜めに細切り)
しらす80g
赤唐辛子1/2本(種を抜いて輪切り)
にんにく1/2片(芯を取って潰す)
パン粉適量(細かいもの)
オリーブオイル適量
6g

※ピーマンを使ってもおいしい。

1パスタをゆでる

鍋に水2Lに対して塩6gを入れて沸かし、スパゲッティをゆでる。

2ソースをつくり始める

フライパンにオリーブオイル小さじ2、にんにく、赤唐辛子を入れ、20秒間おいて弱火にかける(にんにくと唐辛子は脂溶性なので、加熱前のオイルに浸すこと)。

3具材を炒める

香りがたってきたら、しらすを加えて2分ほど炒める。パン粉(乳化を促します)、万願寺唐辛子を入れてサッと温め、火を止める。

4パスタとからめる

ゆで上がったパスタを加えて、よく和える。ゆで汁でソースの濃度を調整して皿に盛り、オリーブオイルを回しかけて完成。

完成

つくった人

ハヤシコウ デザイナー

人呼んで〝日本人初のイタリア人〞2019年には好きが昂じて、東京・成城学園前にオステリア「クインディチ」を開店。米よりもパスタを愛し、この食生活を続けること、早20年。一日2パスタの日も珍しくない。

文・写真:ハヤシコウ

dancyu2021年4月号
dancyu2021年4月号「シンプルパスタ」
A4変型判(156頁)
2021年3月05日発売/ 900円(税込)
この雑誌を購入する