dancyu食いしん坊俱楽部
豆100%の麺が酒を呼ぶ!つまみにも締めにもなるレシピ。

豆100%の麺が酒を呼ぶ!つまみにも締めにもなるレシピ。

豆でつくった麺を食べたことはありますか?旨味たっぷりな味わいは、クセになるおいしさ。「酒の供にもぴったりです」という日本酒バー「GEM by moto」の千葉麻里絵さんが「ZENB NOODLE(ゼンブヌードル)」の魅力を生かしたレシピを2品披露します!

豆麺のすき焼きをつまみに酒を飲む。

「ZENB(ゼンブ)ヌードル」は、黄えんどう豆100%でできた新しいヌードル。豆由来の滋味深い風味ともっちりしてプツッと切れる心地よい食感で、一度食べるとクセになる味わい。パスタやうどん、中華麺にはない独特の新食感の登場が、世間をちょっと賑わしているのだ。

ZENBヌードル
「ZENBヌードル」は、食材の捨ててしまうような部分もまるごと使っているので栄養価が高い。食物繊維やタンパク質がたっぷり含まれている。

「ZENBヌードルは、ほかの麺より糖質が低くてヘルシーだからスルスル食べられますよね。豆のじんわりした旨味やほっこりする香りが生きているから、酒のつまみにも締めの一杯にも使えます」と語るのは、料理と酒のペアリングの妙で食通から評判を呼ぶ日本酒バー「GEM by moto」の千葉麻里絵さん。
麺の風味が小麦のものより豊かなので、酒と合わせた時にしっかりと個性を主張してくれるという。ZENBヌードルは黄えんどう豆の皮まで"全部"使ってつくられているので、原料の味わいを鮮明に感じるのが魅力だ。

「驚きだったのは、麺のゆで汁にも豆の旨味がにじみ出ていておいしかったことですね。自然なとろみがあるので、スープのベースとしてそのまま使うのもありだと思います。近々、店でもZENBヌードルを使ったメニューを出すつもり」と千葉さんは太鼓判を押す。

千葉麻里絵さん
「今までになかった食材だから、料理の幅が広がりますよね」と千葉麻里絵さん。

家でもつくれるお手軽レシピとして千葉さんが披露してくれたのは、ZENBヌードルのすき焼き風。甘辛い割り下で煮付けた、麺、牛肉、春菊、ねぎを肴に酒がぐいぐい進む一品。豆の旨味が塩味を包み込んでいて、ふくらみのあるまろやかな味わいに仕上がっている。隠し味には、梅干しを一つ加えるという。

「私のおばあちゃんがつくるすき焼きを参考にしたレシピです。梅干しを入れると、割り下にやわらかい酸味が加わって味が締まります。食べてる途中に好みで一味や粉山椒をふって、変化をつけるのもお薦めですよ」

ZENBヌードルすき焼き風
中心に落とした卵をくずしながら食べれば、ひとつの皿の中で味の変化が生まれる。

ZENBヌードルすき焼き風のつくり方

材料材料 (1人分)

ZENBヌードル80g
和牛80g
春菊50g
長ねぎ1/3本
梅干し1個
1個
A
・ 濃口醤油40ml
・ 味醂40ml
・ 酒15ml
・ 甜菜糖30g(またはきび砂糖)
・ 非焙煎胡麻油大さじ1

1下準備

鍋に1Lの水と大さじ1の塩を入れ、沸かす。春菊は食べやすい大きさに切り、長ねぎは1cm幅になるよう斜めに切る。梅干しは種を取っておく。

2ゆでる

ZENBヌードルを鍋に入れて中弱火で3分ゆでる。別の鍋にAをすべて入れ、ひと煮立ちさせておく。ZENBヌードルがゆであがったら、Aを入れた鍋に麺とゆで汁80mlを加える。

3仕上げる

和牛、春菊、長ねぎ、梅干しも加えて中弱火で3分ゆでる。仕上げに卵を割り入れて、皿に盛ったら出来上がり。

酒に合わせて2度おいしい!全部味わう豆の旨味

「ZENBヌードルが持つ豆の香りには、スパイスやハーブみたいなクセのある風味もよく合います」と千葉さん。2品目につくってくれたのは、唐辛子の辛味を利かせた、なめこ、生海苔のスープ麺。昆布と唐辛子でとっただしでZENBヌードルをゆでて、豆の味わいを余すとこなく使うのがポイントだ。
「豆とだしの旨味、なめこのとろみ、海苔の香りといった繊細な風味を寄せ合わせてつくりました。後から感じる穏やかな辛味がアクセントになっていて、酒を呼ぶ味わいです」

ZENBヌードル
ZENBヌードルからにじみ出る豆の味わいが、スープの旨味を底上げしてくれる。

「酒の締めには、これがお薦めなんです」と言って、いたずらっぽく笑う千葉さんがスープと燗にした酒を1:1で割って飲ませてくれた。口にすると、酒の香りと豆の滋味が広がり、唐辛子をピリッと感じる。体が内側からだんだん温まっていくようだ。おでん屋などで親しまれている“だし割り”という飲み方だと千葉さんが教えてくれる。酒を締めるはずが、スープがなくなるまでつい酒を飲んでしまいそうな、旨味と辛味があとをひく組み合わせだ。

だし割り
「このおいしさには、実際に味わってみないとわからない魅力があります」と千葉さん。“だし割り”は仕上げに黒胡椒を散らすと味が締まってお薦め。

ZENBヌードル、なめこ、生海苔の辛スープ麺

材料材料 (1人分)

ZENBヌードル80g
なめこ50g
生海苔25g
せり10g
昆布5g
唐辛子4本
3g
淡口醤油小さじ1
味醂小さじ1
小さじ1

1だしをとる

鍋に水500mlと昆布を入れ、弱火に30分ほどかける。昆布を取り出し、唐辛子を入れ3~4分煮て、好みの辛さになったら唐辛子を取り出す。

2ゆでる

なめこ、生海苔を鍋に入れてひと煮立ちしたら、ZENBヌードルを加えて中弱火でゆでる。3分ゆでたら、塩、淡口醤油、味醂、酒を加える。さらに3分ゆでる。せりをざく切りにしておく。

3仕上げる

ZENBヌードルがゆで終わったら、汁ごと器に盛り付けて、せりを上から散らして出来上がり。

dancyu食いしん坊倶楽部が試食!

86%が「おいしい」、82%が「また食べたい」と評価!*

*dancyu食いしん坊倶楽部100名が試食。有効回答者85名のアンケート結果より。

女性/30代
食感がナポリタンにぴったり!豆の優しい風味より深く優しい味わいになりました。
男性/40代
パスタにしてもソースの味を邪魔しない。炭水化物という罪悪感を感じず食べれて体にも優しかったです。
女性/40代
豆の風味は日本人にとってなじみ深いので、抵抗感なく食べれます。麺=小麦粉ではないんだとつくづく思いました。
男性/50代
豆の香りが良かった。ビーフシチューのような強い味と合わせても存在感が負けなかった。
女性/50代
食感がもちもちで伸びにくく、中華や和風にも合うので便利です。

こんな食べ方にも挑戦したい!ZENBヌードル活用術。

女性/30代
和の料理と相性抜群だと思います。米の置き換えとして麺寿司をやってみたい。
女性/40代
パッタイのような、アジアン系の焼きそばに挑戦したいと思いました。
男性/40代
広島焼きとか、炒麺とかにしても麺がもちもちで美味しくいただけそう!
女性/40代
フライドパスタにしてみたいです。低糖質、高たんぱくで嬉しいです!
男性/50代
中華麺のようにゆで汁を捨てなくてよいので、キャンプなどのアウトドア料理で積極的に使っていきたい。

豊富な食物繊維と植物性たんぱく質の新しいヌードル!

「ZENB NOODLE」
「ZENB NOODLE」は黄えんどう豆100%でできたヌードル。パスタのほか焼きそば、汁麺などさまざまな料理と相性がよい。320g(80g×4食)、792円(税込)。
ブランドサイトへ

お問い合わせ情報お問い合わせ情報

株式会社 ZENB JAPAN
ミツカングループのZENBは、まるごと素材の栄養をおいしく食べる「新しい食」を提案します。
ZENBについて
お客様サポートページへ

ZENB JAPAN

教えてくれた人

千葉まりえ(ちば・まりえ)

千葉麻里絵(ちば・まりえ)

岩手県出身。日本酒バー「GEM by moto」の店主。科学的根拠にもとづいた日本酒の味や香りの分析をもとに、料理とのペアリングで客を楽しませる。蔵元とも独自の関係性を持ち、酒質設計の相談を受けることもある。近年はオンラインサロン「まりえ実験室(marie-lab.com)」の立ち上げや、YouTube「千葉麻里絵のもろみラジオ」の配信と精力的に活動を続ける。共著に『日本酒に恋して』『最先端の日本酒ペアリング』がある。

GEN by moto
【住所】東京都渋谷区恵比寿1-30-9
【電話番号】050-5487-5655
【営業時間】17:00~22:00 土曜、日曜は13:00~21:00
【定休日】月曜
※お店のデータは通常営業時のものです。時節柄、変更されている可能性があります。お出かけ前にご確認ください。

文:河野大治朗 写真:工藤睦子