今日、なにつくる?
まろやかな旨味が染み渡る"酒粕豆乳味噌鍋"|重信初江先生のアレンジ冬の鍋④

まろやかな旨味が染み渡る"酒粕豆乳味噌鍋"|重信初江先生のアレンジ冬の鍋④

ベースの酒粕豆乳味噌味に、カレー味のつくねが加わることで全く違った味わいに。魚と肉のダブルスープで、最後まで飲み干したいスープになりますよ!冬場は週に1度程度、鍋料理をする家庭も多いのではないでしょうか?登場回数の多い鍋料理を、最後まで美味しく楽しく食べられる方法を料理研究家の重信初江さんに習いました。つけダレのレパートリーや、味変具材を足していつもの鍋をグレードアップしましょう!

“酒粕豆乳味噌鍋”のつくり方

酒粕と味噌は両方とも体を温めてくれるので、特に寒い日、温まりたいときにおすすめです。鮭と野菜で十分おいしくいただけますが、そこにつくねが入るとなんとも豪華な鍋に。

材料材料 (3~4人分)

甘塩鮭2切れ
鶏挽き肉300g
A
・ 玉ねぎ1/4個分(みじん切り)
・ 片栗粉大さじ2
・ 酒大さじ2
・ カレー粉小さじ1
・ 塩小さじ1/3
ごぼう60g
白菜300g
春菊100g
B
・ 酒粕80g
・ 味噌大さじ3
・ 塩小さじ1/4
C
・ だし1と1/2カップ
・ 豆乳2カップ

1下準備

鮭は一口大に切る。ごぼうは皮をこそげてささがきにする。白菜と春菊は食べやすくざく切りに。

2カレーつくねのたねをつくる

ボウルに挽き肉を入れ、Aと混ぜ合わせておく。

3酒粕味噌をつくる

別のボウルにBを混ぜる。すべてが混ざり合うようにしっかりと。

43をゆるめる

3にCを少しずつ入れて混ぜたら、鍋に移す。

5鍋で煮込む

鍋を火にかけて、春菊以外の1を入れ、火が通るまで3~4分煮る。鮭に火が通ったら春菊を入れ食べる。

鍋で煮込む

6味変する

途中で2のカレーつくねのたねをスプーンなどで一口大に落とし入れ、3分ほど加熱して火が通ったら食べる。

味変する
鮭と野菜を楽しんだら、用意しておいたカレーつくねを。スープにもふんわりとカレー味が溶け出してまた別のおいしさに変化します。

6ラーメンで締める

ラーメンをゆでて水気をきり、煮汁に入れて軽く煮ていただく。甘味とコクのある味噌ラーメンのようで、食べすぎてしまいそう。

ラーメンで締める

教える人

重信初江 料理研究家

重信初江 料理研究家

調理師専門学校の助手、料理研究家のアシスタントを経て、独立。おなじみの家庭料理から、旅行先で覚えた海外の味まで手がける実力派で、再現性の高い確かなレシピが人気。『味つけご飯とおみおつけ』(東京書籍)など著書多数。旅行好きで国内はもとより韓国、台湾など旅先で出合った味をアレンジしたレシピも得意。

文:椙下晴子 写真:鈴木泰介

※この記事は四季dancyu「冬の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu 冬の台所。
A4変型 判( 120 頁)
2019年12月12日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する