重信初江先生のアレンジ冬の鍋
ピリ辛でエスニックな"トマトハリッサ鍋"

ピリ辛でエスニックな"トマトハリッサ鍋"

トマトベースの鍋にアボカドも入った濃厚な鍋です。チーズを入れたりペンネで締めたり、楽しみが広がるアレンジ鍋です!冬場は週に1度程度、鍋料理をする家庭も多いのではないでしょうか?登場回数の多い鍋料理を、最後まで美味しく楽しく食べられる方法を料理研究家の重信初江さんに習いました。つけダレのレパートリーや、味変具材を足していつもの鍋をグレードアップしましょう!

“トマトハリッサ鍋”のつくり方

具材も味つけもエスニック!トマトやアボカドが煮詰まってくるとよりコクが出てきてお酒がすすみます。そんなに辛い味つけではありませんが、ハリッサに少し辛味があるのでお好みで加減しましょう。

材料材料 (3~4人分)

豚肉250g(こま切れ)
玉ねぎ1個(200g)
アボカド1個(かためのもの)
コーン100g(缶詰など)
ミックスビーンズ100g
A
・ カットトマト缶1缶(400g)
・ 水2カップ
・ ハリッサ大さじ1程度
・ 塩小さじ1
・ 黒胡椒少々
カマンベールチーズ1個
ハリッサ
ハリッサはチュニジア、モロッコ料理などで使われる北アフリカ生まれの調味料。唐辛子、パプリカなどのスパイスが使われていて辛味のなかにも奥深さがある。辛さと風味がメーカーによって違うので好みで加減しよう。

1下ごしらえ

玉ねぎを1.5cm角に切る。

2鍋で煮汁をつくる

鍋に、Aを入れて煮立たせたら1を入れる。

3材料を入れて完成

豚肉と2cm角に切ったアボカド、コーン、ミックスビーンズを2に入れて火が通るまで3~4分煮て食べる。

完成

4味変する

カマンベールチーズを丸ごと入れて、溶かしながら食べる。クリーミーな風味が加わって、また違う雰囲気に。お酒のアテとしても楽しめるます。

味変する

5締めパスタ

ペンネをお好みの量ゆでて、残った汁に入れて軽く煮る。旨味を吸った汁がリッチなパスタソースに。少し煮詰めてから加えるとより本格的。

締めパスタ

教える人

重信初江 料理研究家

重信初江 料理研究家

調理師専門学校の助手、料理研究家のアシスタントを経て、独立。おなじみの家庭料理から、旅行先で覚えた海外の味まで手がける実力派で、再現性の高い確かなレシピが人気。『味つけご飯とおみおつけ』(東京書籍)など著書多数。旅行好きで国内はもとより韓国、台湾など旅先で出合った味をアレンジしたレシピも得意。

文:椙下晴子 写真:鈴木泰介

※この記事は四季dancyu「冬の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu 冬の台所。
A4変型 判( 120 頁)
2019年12月12日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する