今日、なにつくる?
柔らかな甘味の"生姜の豆花"|日本酒と愉しむお家ごはん⑨

柔らかな甘味の"生姜の豆花"|日本酒と愉しむお家ごはん⑨

最近人気の台湾スイーツ“豆花(トウファ)”、実はお家でつくることができます!温かいデザートなので、寒い日の朝にもお薦めです。人気料理研究家のワタナベマキさんに簡単“豆花”を習いました!

“生姜の豆花”のつくり方

豆乳だけでつくるとさっぱりとした印象になる豆も、ゆでた大豆とミ ックスすることで冬にぴったりの重厚感のある仕上がりに。温度が上が っても溶けにくいアガーを使い、温かいデザートとして愉しみます。

材料材料 (3~4人分)

大豆80g
豆乳適量
アガー10g(*)
A
・ 生姜3片分(皮つきのまま薄切り)
・ てん菜糖80g
・ 水600ml
エディブル・フラワー適宜

*アガーは海藻やマメ科の種子からできているゼリーの素。やわらかく、もっちりとした弾力のある仕上がりになる。常温でも固まり、温かくても溶けにくいのが特徴。今回の豆花も冷たくして食べるならアガーをゼラチンに替えても可。

1下準備

大豆はかぶるくらいの水に一晩浸してもどす。

2豆をゆでる

1を圧力鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて蓋をして強火にかける。蒸気が上がったら15分煮て、圧力を下げ大豆が手でつぶせるくらいになるまでゆでる。

3撹拌する

粗熱が取れたらゆで汁ごとミキサ ーなどに移してなめらかになるまで撹拌し、ザルでこす。

撹拌する

4アガーを加える

3に豆乳を加えて全体を500mlにしたら、鍋に入れ、そこにアガーを少しずつ加えてダマにならないように混ぜる。

アガーを加える

5固める

鍋を弱めの中火にかけ、煮立ったら火を止めてボウルか密閉容器に入れて固める。

固める

6盛りつける

固まった5を器に盛りつける。

盛りつける

7シロップをかける

別の鍋にAを入れて弱めの中火にかけ、煮立ったらアクを取り弱火で約15分煮る。その汁を温かいまま6にかけていただく。エディブル・フラワーがあれば添えて。

シロップをかける
シロップをかける

教える人

ワタナベマキ 料理研究家

ワタナベマキ 料理研究家

グラフィックデザイナーを経て料理研究家に。料理教室を開いていた祖母から伝えられた手料理や保存食を、忙しい現代人でもつくりやすくアレンジしたレシピが人気。著書に『料理家ワタナベマキが家族のために作るごはん』(主婦と生活社)など多数。

四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu 冬の台所。
A4変型 判( 120 頁)
2019年12月12日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する

文:吉田彩乃 写真:田村昌裕

※この記事は四季dancyu「冬の台所。」に掲載したものです。

吉田 彩乃

吉田 彩乃 (ライター)

1986年、東京生まれ。食と酒まわりにいる「人」が好き。よく行くのは、和洋中を問わず気楽な雰囲気の店。本当はレシピや酒場の書物を増やしたいが、最近は某誌の企画でセミ・ザザムシ・ハチノコを食べ、思いがけず「昆虫食」の世界に足を踏み入れてしまった。