今日、なにつくる?
発酵の塩味がクセになる空芯菜とエリンギの腐乳炒め|秋の味覚のエスニックレシピ④

発酵の塩味がクセになる空芯菜とエリンギの腐乳炒め|秋の味覚のエスニックレシピ④

豆腐を麹に漬けて発酵させた腐乳は、独特の香りと、濃い旨味が特徴。炒めものに少し加えるだけで、味わいが深くなり劇的に美味しくなりますよ!人気料理研究家の重信初江さんに、中華をベースにエスニックの香りも加えた、食欲の秋にぴったりのレシピを習いました。ぜひつくってみてください!

空芯菜とエリンギの腐乳炒めのつくり方

材料材料 (つくりやすい分量)

空芯菜1束(150g)
エリンギ1パック(100g)
にんにく1片
腐乳20g
胡麻油大さじ1/2
A
大さじ1
少々
胡椒少々

1下ごしらえ

空芯菜は葉を摘んで茎と分ける。茎は長さ4㎝に切る。エリンギは根元に切り込みを入れて食べやすい大きさに裂いておく。

下ごしらえ
材料

2炒めはじめる

にんにくは半分に切ってつぶす。フライパンに胡麻油を熱して、にんにくと腐乳を入れて弱火で腐乳をつぶしながら炒める。にんにくの香りが立ってきたら1の茎とエリンギを入れて強火にし、1分ほど炒める。

炒めはじめる

3葉を入れる

Aと1の葉を入れて、全体にしんなりするまで炒め合わせる。

葉を入れる
完成
最近よく見かける空芯菜。定番の炒め物に腐乳を入れることでぐっと味わいが深くなって、お酒もすすむ一品に。時間がたつとアクが出て色も変化してしまうので、出来たてをぜひ!

教える人

重信初江

重信初江 料理研究家

料理研究家のアシスタントを経て独立し、雑誌やテレビ等で活躍中。身近な食材を使った再現性の高いレシピに定評がある。旅行好きで韓国、台湾など旅先で出合った味をアレンジしたレシピも得意。「味つけご飯とおみおつけ」など著書多数。

写真:キッチンミノル 文:編集部

このレシピは四季dancyu「秋の食卓。」に掲載されたものです。

四季dancyu「秋の食卓。」
四季dancyu「秋の食卓。」
A4変型判( 116 頁)
ISBN:9784833477260
2018年09月05日発売 /1,100円(税込)
この雑誌を購入する