今日、なにつくる?
茄子の香ばしさとにんにくヨーグルトの相性が抜群な"茄子のサラダ"|思わず虜になるトルコの茄子レシピ②

茄子の香ばしさとにんにくヨーグルトの相性が抜群な"茄子のサラダ"|思わず虜になるトルコの茄子レシピ②

日本では焼き茄子には醤油のイメージかもしれませんが、トルコではヨーグルトを使ったペーストをつけて食べるそうです。今まで食べたことのないおいしさに出会える一皿です。

にんにくヨーグルトが旨さを発揮

これも、メゼ(トルコの冷前菜)には欠かせない定番料理。焼き茄子のペーストにヨーグルトを混ぜるという、日本人にはギョッとする組み合わせだが、茄子の香ばしさに、にんにく入りヨーグルトが好相性。さっぱりしてクリーミーなのだ。何より、トルコ人も焼き茄子が大好き、というのがなんだかうれしくなる。そのまま食べるのはもちろん、パンを添えてディップにしても。

茄子のサラダのつくり方

材料材料 (4人分)

茄子4本
レモン汁小さじ1
プレーンヨーグルト1カップ
にんにく1片(すりおろす)
小さじ1/2~1
オリーブオイル大さじ2

※ヨーグルトは表面にたまった水分(ホエー)があれば除いて使う。好みで、キッチンペーパーを敷いたザルにあけ、しっかり水きりをして使ってもよい。

1茄子を焼く

茄子は皮に竹串で数ヶ所、穴を開け、魚焼きグリルの強火で焼く。両面焼きグリルの場合は10分前後が目安(片面焼きの場合は、片面6~8分程度で表裏を焼く)。箸で挟んでみて、柔らかくなっていればOK。または、ガスこんろの五徳の上にのせ、直火で焼いてもいい。

茄子を焼く

2皮をむく

粗熱が取れたら、ヘタのほうから皮をむく。冷めるとむきにくくなるので注意。

皮をむく

3ペーストの材料を混ぜる

ボウルにヨーグルト、にんにく、塩を入れてよく混ぜる。

4茄子をペースト状にする

茄子はヘタを取り、包丁でざく切りにしてから叩いてペースト状にする。色止めにレモン汁を混ぜる。

茄子をペースト状にする

5仕上げ

3に4を入れてよく混ぜ合わせて器に盛り、オリーブオイルを回しかける。

仕上げ
完成

教える人

荻野恭子さん

荻野恭子さん 料理教室「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。

ユーラシア大陸を中心にこれまで50ヶ国以上を訪れ、料理と食文化の研究を続けている。『家庭で作れるトルコ料理』など著書多数。

文:鹿野真砂美 写真:安彦幸枝

※この記事の内容はdancyu2016年10月号に掲載したものです。

鹿野 真砂美

鹿野 真砂美 (ライター)

1969年東京下町生まれ。酒と食を中心に執筆するフリーライター。かつて「dancyu」本誌の編集部にも6年ほど在籍。現在は雑誌のほか、シェフや料理研究家のレシピ本の編集、執筆に携わる。料理は食べることと同じくらい、つくるのも好き。江戸前の海苔漁師だった祖父と料理上手な祖母、小料理屋を営んでいた両親のもと大きく育てられ、今は肉シェフと呼ばれるオットに肥育されながら、まだまだすくすく成長中。