今日、なにつくる?
シナモン香るご馳走ご飯!"茄子のピラフ"|思わず虜になるトルコの茄子レシピ⑤

シナモン香るご馳走ご飯!"茄子のピラフ"|思わず虜になるトルコの茄子レシピ⑤

米料理も数多くあるトルコですが、ピラフは肉料理と共によく出されたりと定番の米料理です。今回ご紹介する茄子のピラフは見た目も豪華で、ちょっとしたパーティー気分を味わえます。

インパクト抜群!

トルコは米料理も多彩。ピラフは肉料理の付け合わせなどによく登場する。しんなりと焼いた茄子を敷き詰め、ケーキのように仕立てたピラフは見た目も豪華。シナモンの甘い香りが効いたご飯も妙にクセになる。米は熱湯に浸してから炊くのがトルコ流。

茄子のピラフのつくり方

材料材料 (直径18cmのフッ素樹脂加工の鍋一つ分)

茄子3本
トマト大1個(角切り)
玉ねぎ1/4個(みじん切り)
松の実大さじ2
カレンズ大さじ1(干しぶどう)
シナモンパウダー小さじ1/4
3合(540ml)
熱湯3合(540ml)
小さじ2
胡椒少々
オリーブオイル適宜
バター大さじ1

1米を研ぐ

米は研いでからたっぷりの熱湯(分量外)に15分ほどつけ、ザルに上げておく。

2茄子を焼く

茄子は縦に厚さ3~4mmの薄切りにし、塩小さじ1/2(分量外)をまぶす。フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、両面をしんなりするまで焼いて取り出す。

3玉ねぎを炒める

2の空いたフライパンに玉ねぎ、松の実、カレンズを入れて炒め、取り出す。油が足りなければ適宜足す。

4トマトを炒める

3の空いたフライパンでトマトを、水分をとばすようにさっと炒めて取り出す。

5鍋に茄子を入れる

鍋にバターを塗り、2の茄子を放射状に並べる。ひっくり返したときのバランスを考え、皮が付いた面をところどころに配置すると、きれいに仕上がる

6残りの材料を鍋に入れる

茄子を並べた真ん中にまず、4のトマトを入れる。1の米と3、シナモンパウダーを混ぜ合わせて詰め、平らにならす。

残りの材料を鍋に入れる

7炊く

熱湯(米と同量)に分量の塩、胡椒を溶かしたものを6に注ぎ、蓋をして中火にかける。沸騰したら弱火にし、10~12分炊く。最後30秒ほど強火で水分をとばし、火を止めて3分ほど蒸らす。

8仕上げ

蓋を開け、ピラフの表面を押して平らにならし、鍋に皿をかぶせてひっくり返して取り出す。

仕上げ

9完成

ケーキ状に切り分けて、皿に取る。

完成

教える人

荻野恭子さん

荻野恭子さん 料理教室「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。

ユーラシア大陸を中心にこれまで50ヶ国以上を訪れ、料理と食文化の研究を続けている。『家庭で作れるトルコ料理』など著書多数。

文:鹿野真砂美 写真:安彦幸枝

※この記事の内容はdancyu2016年10月号に掲載したものです。