今日、なにつくる?
高山なおみさんの香ばしい!"炙り豚の柚子胡椒ねぎのっけ"|焼酎に合うつまみレシピ⑥

高山なおみさんの香ばしい!"炙り豚の柚子胡椒ねぎのっけ"|焼酎に合うつまみレシピ⑥

豚バラをカリッと焼くことで、口の中に香ばしさと溢れる肉汁が広がります。最後にキュッと絞るすだちで爽やかさもアップ。何枚でも食べたくなる味です!

何枚でもさっぱりと食べられる!

おかずとしてもおいしい一品が、ねぎの香りと柚子胡椒の辛味をプラスすることでおつまみに変身する。皿いっぱいに豪快に並べて、ワシワシ食べよう。焼酎を飲む手が止まらなくなる!

炙り豚の柚子胡椒ねぎのっけのつくり方

材料材料 (2人分)

豚バラ肉300g(塊)
長ねぎ1/2本(白い部分)
少々
粗挽き黒胡椒少々
A
・ 柚子胡椒小さじ1
・ 胡麻油小さじ2
・ 香菜2枝
すだち適量

1豚肉の下ごしらえ

豚肉は長さ5cmに切り、さらに肉の繊維に沿って厚さ5mmにスライスする。軽く塩、胡椒する。

2長ねぎの下ごしらえ

長ねぎは縦半分に切り、斜め薄切りにする。水につけて軽くもみ、ザルに上げてよく水気をきる。ボウルにねぎとAを入れ、ざっと混ぜ合わせる。

3焼く

フッ素樹脂加工のフライパンを油をひかずに強火で熱し、1の豚肉を並べてこんがりと両面焼く。

焼く
香ばしい焼き色がつくまで肉をいじらない!じっくりと焼く。豚肉の表面が白くなってぷっくりと膨らんだら上下を返す。

4盛りつける

器に3の豚肉を円を描くように盛り、2のねぎを中央にのせる。仕上げにすだちの搾り汁を回しかける。豚肉の上にねぎをのせて食べよう。

完成

教える人

高山なおみ 料理家

高山なおみ 料理家

レストランのシェフを経て料理家に。『明日もいち日、ぶじ日記』(新潮社)ほか、文筆家としても活躍中。「たくさんは飲めませんがお酒は大好き」と笑顔で話す高山さん。体にじんわりとしみ込む焼酎のおいしさを再認識し、暑い日にはキーンと冷やした水割りで晩酌を楽しんでいるとのこと。

文:石出和香子 写真:上山知代子

※この記事の内容はdancyu2013年9月号に掲載したものです。