今日、なにつくる?
高山なおみさんのにんにくの香りが食欲をそそる"ラムの竜田揚げ"|焼酎に合うつまみレシピ⑤

高山なおみさんのにんにくの香りが食欲をそそる"ラムの竜田揚げ"|焼酎に合うつまみレシピ⑤

鯨の竜田揚げをイメージして生み出されたという、焼酎にぴったりのつまみです。生姜とにんにくの香りが食欲をそそります。レタスやシャッキリした葉物を添えて、一緒に召し上がってください。

ジューシーにつくるコツがあります!

薄切り肉を丸めることで肉と肉の間に空間ができ、柔らかさとジューシーさがアップ。とんかつソースをたっぷりつけて、がぶりと頬張りながら焼酎を飲む幸せはたまらない!

ラムの竜田揚げのつくり方

材料材料 (2人分)

ラム肉200g(焼き肉用)
A
・ 生姜1片(すりおろす)
・ にんにく1/2片(すりおろす)
・ 酒大さじ1
・ 醤油小さじ2
・ 粗挽き黒胡椒適量
片栗粉大さじ5
揚げ油適量
レタス2枚
練りがらし適量
とんかつソース適量

1下ごしらえ

ボウルにラム肉を入れ、Aを加えてもむ。鍋に揚げ油を中温(170℃)になるまで中火で熱する。

2揚げる

1のラム肉に片栗粉を加えて満遍なく混ぜ合わせ、手で一枚ずつ、軽く握って丸めながら揚げる。こんがりと色づき、中まで火が通ったら網に上げ、油をきる。

揚げる
手で軽く握りながら丸めることで、薄切り肉がボリュームアップ。しかも熱が通りやすいので短時間で揚がり、ジューシーな仕上がりになる。

3盛りつける

ちぎったレタスとともに器に盛り、練りがらしととんかつソースを添える。

完成

教える人

高山なおみ 料理家

高山なおみ 料理家

レストランのシェフを経て料理家に。『明日もいち日、ぶじ日記』(新潮社)ほか、文筆家としても活躍中。「たくさんは飲めませんがお酒は大好き」と笑顔で話す高山さん。体にじんわりとしみ込む焼酎のおいしさを再認識し、暑い日にはキーンと冷やした水割りで晩酌を楽しんでいるとのこと。

文:石出和香子 写真:上山知代子

※この記事の内容はdancyu2013年9月号に掲載したものです。