今日、なにつくる?
おかずにも酒の肴にもなるツナとネギの"素麺プットゥルー"|踊り出したくなるほど美味しい沖縄料理⑧

おかずにも酒の肴にもなるツナとネギの"素麺プットゥルー"|踊り出したくなるほど美味しい沖縄料理⑧

“素麺プットゥルー”とは油素麺のように素麺を炒めた料理です。真夏の定番・素麺を沖縄風に!ツナとねぎ、塩だけで、かなりの満足感があります。

食べ慣れた素麺が新鮮な味に

沖縄には素麺につゆをかけて食べる「ルーイゾーミン」という料理もありますが、炒めて食べることがほとんど。炒めやすいようにやや太めのものもありますが、一般的な素麺でOK。食べ慣れた素麺も新鮮な味になります。泡盛の肴にも。

素麺プットゥルーのつくり方

材料材料 (2~3人分)

素麺200g
ツナ70g(缶詰)
青ねぎ適宜
サラダ油適宜
少々

1素麺を茹でる

素麺を硬めにゆで、水洗いして、水気をきる。ここで塩をまぶす(炒めてから塩を加えるより、味がムラなくつけられる)。

2炒める

フライパンに油をひいて、素麺とツナを入れて炒める。

3仕上げ

「プットゥルー」(プルプルと固まったような状態)になったら皿に盛り、小口切りにした青ねぎを散らす。

素麺プットゥルー

店舗情報店舗情報

にんじん食堂うずまさ
  • 【住所】京都府京都市右京区太秦多藪町9
  • 【電話番号】075-864-2690
  • 【営業時間】12:00~14:30、18:00~22:00 完全予約制
  • 【定休日】水曜 木曜
  • 【アクセス】JR「太秦駅」より8分、嵐電「帷子ノ辻駅」より7分、バス停「太秦開町」より1分

教える人

内田真美 料理研究家

実方藤男、大道寺ちはる 「にんじん食堂うずまさ」料理人

京都・太秦で沖縄料理店を営む実方(じつかた)藤男さんと大道寺ちはるさん。
21年前に沖縄・壺屋で店を始める以前は、実方さんは執筆業、大道寺さんは校正業とまったく違う畑からの転身。根っからの料理人ではないからこそ、文献を徹底的に調べ、緻密に試作を重ねて、数々の沖縄伝統料理を復活させてきた。

写真:東谷幸一 文:里見美香

※この記事の内容はdancyu2015年9月号に掲載したものです。