今日、なにつくる?
程よい苦味がアクセント!"ゴーヤー入り卵焼き"|踊り出したくなるほど美味しい沖縄料理⑦

程よい苦味がアクセント!"ゴーヤー入り卵焼き"|踊り出したくなるほど美味しい沖縄料理⑦

ゴーヤーの端っこを卵焼きに加えると程よい苦味がアクセントになり、卵の旨味がより一層際立ちます。他のゴーヤー料理をつくったときに余ったものをつかえるので、無駄がありません。

ゴーヤーの端っこ活用

ゴーヤーと卵は“ゴーヤーちゃんぷる~”でもわかるようにとても相性が良い食材です。卵焼きは余った端っこを使うのにも最適な料理なので、もう一品ほしいときに試してみてください。卵の白身と黄身がマーブル状になるようにつくると、一気にお店で出てくる本格卵焼きになるので、トライしてみてください。

ゴーヤー入り卵焼きのつくり方

材料材料 (2人分)

ゴーヤー適宜(端の部分でいい)
赤ピーマン適宜
3個
0.75mL
サラダ油適宜

1ゴーヤーを切る

ゴーヤーと赤ピーマンはせん切りにする。

2卵を溶く

ボウルに卵を溶きほぐして、1と塩を混ぜる。

3焼く

フライパンか卵焼き器にサラダ油を熱し、2の卵液を少し入れて焼いては巻き、それを繰り返して卵焼きをつくる。卵を混ぜすぎず、先に白身の多い部分を巻き込むと、マーブル状の卵焼きができて、きれい。

ゴーヤー入り卵焼き

店舗情報店舗情報

にんじん食堂うずまさ
  • 【住所】京都府京都市右京区太秦多藪町9
  • 【電話番号】075-864-2690
  • 【営業時間】12:00~14:30、18:00~22:00 完全予約制
  • 【定休日】水曜 木曜
  • 【アクセス】JR「太秦駅」より8分、嵐電「帷子ノ辻駅」より7分、バス停「太秦開町」より1分

教える人

内田真美 料理研究家

実方藤男、大道寺ちはる 「にんじん食堂うずまさ」料理人

京都・太秦で沖縄料理店を営む実方(じつかた)藤男さんと大道寺ちはるさん。
21年前に沖縄・壺屋で店を始める以前は、実方さんは執筆業、大道寺さんは校正業とまったく違う畑からの転身。根っからの料理人ではないからこそ、文献を徹底的に調べ、緻密に試作を重ねて、数々の沖縄伝統料理を復活させてきた。

写真:東谷幸一 文:里見美香

※この記事の内容はdancyu2015年9月号に掲載したものです。