今日、なにつくる?
コリコリ食感が心地よい"カレー風味軟骨から揚げ"|一羽まるごと揚げちゃう鶏からレシピ④

コリコリ食感が心地よい"カレー風味軟骨から揚げ"|一羽まるごと揚げちゃう鶏からレシピ④

コリコリとした食感に、中から滲み出る濃厚な旨味が魅力の軟骨。そんな居酒屋でも人気な一品をカレー風味に仕立て、万人受けする最強のおつまみに仕上げました。是非お家で味わってみてください。

酒が進みまくる最強のおつまみ

今回使う軟骨は「やげん」と「ひざ軟骨」。やげんは、むね肉の近くにあるY字形のなんこつで、ひざ軟骨はいわゆる居酒屋で人気のある"なんこつ"のこと。どちらもコリコリとした独特の食感。カレー粉で変化をつけることで、飽きのこない最高のつまみになる。

鶏イラスト
一羽まるごと使った鶏からレシピ。今回は独特な食感が魅力の軟骨。

なんこつとやげんのから揚げのつくり方

材料

材料材料 (つくりやすい分量)

やげん200g
ひざなんこつ200g
★ 下味
・ 卵1個
・ 塩 小さじ1
・ 胡たっぷり
薄力粉2/3カップ
カレー粉小さじ1と1/2
揚げ油適量

1下味をつける

やげん、ひざなんこつをそれぞれボウルに入れ、卵、塩を半量ずつと胡椒を入れてからめ、10分置く。

2粉をまぶす

薄力粉とカレー粉をよく混ぜ合わせる。
ビニール袋に混ぜた粉の半量を入れ、やげんを汁をきって入れる。空気を入れて膨らませて、口を閉じて(縛ると後で開けるのが面倒なので、手で開かないように握って)よく振り、粉を満遍なくまぶす。 バットに移して、余分な粉を落とす。残りの粉ででひざなんこつにも粉をまぶす。

粉をまぶす

3仕上げ

2を高めの温度でサッと揚げる。衣に色がついたら引き揚げて皿に盛る。

仕上げ

教える人

瀬尾幸子

瀬尾幸子さん 料理家

酒呑みのバイブル『おつまみ横丁』(池田書店)の著者である料理研究家。シンプルなレシピから繰り出されるミラクル。騙されたと思ってつくってみてください。

文:鹿野真砂美 写真:土居麻紀子

※この記事の内容はdancyu2014年3月号に掲載したものです。