今日、なにつくる?
イワシの梅酒煮|梅酒アレンジクッキング①

イワシの梅酒煮|梅酒アレンジクッキング①

梅酒は、料理に加える酒としてはちょっとぜいたくだけれど、期待以上の仕事をしてくれます。魚は上品にさっぱりと、肉はやわらかく。穏やかな酸味と甘味、そして豊富なミネラルで、梅酒を加えるとたちまち料理の味が深まります。梅も使えば、立派な具材の一つになる……。自家製の梅酒があれば、たくさんの「おいしい」がつくれます。もちろん、市販の梅酒をつかってもおいしくつくれます。

自家製梅酒をつくってみよう!

梅酒

5月の後半から市場に出回り始める梅を使って、梅酒をつくってみませんか?家でつくれば、梅酒の甘味を好みに調整することもできますよ!

イワシの梅酒煮のつくり方

梅酒と醤油だけでシンプルに味つけ。梅のクエン酸効果で青背の魚もさっぱり食べられます。ゴロゴロと梅も転がして盛りつけて。

材料材料 (3人分)

イワシ6尾
梅酒の梅6個
★ 煮汁
・ 梅酒1/2カップ
・ 水1/2カップ
・ 醤油大さじ3
長ねぎ1本

1イワシを捌く

イワシを捌く
1イワシの頭を切り落とす。
イワシを捌く
2腹のほうから肛門のところまで切り目を入れる。
イワシを捌く
3包丁の先で内臓をかき出し、水できれいに洗い、水気を拭く。ねぎは3~4cm長さに切る。

2火にかける

火にかける
鍋にイワシを並べて梅酒の梅を散らし、煮汁の材料を加えて中火にかける。

3煮る

煮る
煮立ってきたら弱火にして15分ほど煮、ねぎを加え、蓋をしてねぎがやわらかくなるまで、5~6分煮て器に盛り、煮汁を注ぐ。

4完成

完成

大庭英子 料理研究家

シンプルながら失敗なくつくれるレシピに定評がある料理研究家。特別な素材、調味料は使わず、余分な手間はそぎ落とした“引き算の料理”が身上。しみじみとおいしく、何度もつくりたくなる料理ばかりです。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

※この記事の内容はプレジデントムック手ほどきdancyu「さとう」に掲載したものです。

料理の手ほどきさしすせそ「さとう」
料理の手ほどきさしすせそ「さとう」
A4変型判(88頁)
2019年11月28日発売/ 770円(税込)
この本を購入する