今日、なにつくる?
春野菜のそぼろ親子丼|鶏そぼろ大活躍レシピ②

春野菜のそぼろ親子丼|鶏そぼろ大活躍レシピ②

絹さや、グリーンアスパラガス、新玉ねぎといった春野菜が主役の親子丼。基本となる鶏そぼろをつくり置きしておけば、あとは簡単です。大きな鍋でつくって、各自で盛りつけるセルフスタイルなのも楽しいですよ。

まずは基本の鶏そぼろをつくっておきましょう

鶏そぼろ
基本の鶏そぼろがあると親子丼以外にもいろいろな料理に応用できます。もちろん、各ご家庭のつくり方でもOKです。

春野菜のそぼろ親子丼のつくり方

材料材料 (2人分)

鶏そぼろ200g
絹さや8~10枚
グリーンアスパラガス2本
新玉ねぎ1/2個
生椎茸2~3個
三つ葉4~6本 
4~5個
だし汁400ml
大さじ1.5
醤油大さじ1.5
みりん大さじ1.5
温かいご飯適量
七味唐辛子適宜

1野菜を切る

絹さやはへたと筋をとる。アスパラガスは一口大の乱切りにする。新玉ねぎは幅5㎜に切る。生椎茸は軸を切り落として薄切りにする。三つ葉は長さ3㎝に切る。

2だし汁に入れて野菜に火を通す

浅鍋またはフライパンにだし汁を入れて中火にかけ、煮立ったら酒、醤油、みりんと鶏そぼろを加え、再び煮立ったら三つ葉以外の野菜を広げて入れる。

3分量の2/3の卵を入れて加熱

卵を割りほぐして2/3量を回し入れ、再び蓋をして1分加熱し、卵に火を通す。

4残りの卵を入れて完成

三つ葉を散らして残りの溶き卵を回し入れ、溶き卵が好みの硬さになったら火を止める。鍋から好きな量だけご飯をよそった丼にのせる。好みで七味唐辛子をふる。

残りの卵を入れて完成
シャキシャキした野菜がおいしい!野菜はこのほかスナップえんどうもおすすめ。うるい、ウドなどの山菜を加えると、より春の香りがアップします。

植松良枝 料理研究家

四季に寄り添った食と暮らしを提案する料理研究家。料理教室「日々の飯事」主宰。菜園での野菜づくりがライフワーク。春夏秋冬それぞれの季節が極まり、次の季節の準備期間である「土用」を暦の中でも特に大切にしている。一児の母となり、忙しい日々の中で家族への想いも増してさらに深く土用を考えるようになった。

文・中村裕子 写真・野口健志

※この記事の内容はプレジデントムック四季dancyu「春の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「春の台所。」
四季dancyu「春の台所。」
毎日のキッチンが、もっともっと楽しくなる本
四季dancyu 春の台所。

A4変型判(120頁)
ISBN:9784833478588
2020年03月14日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する