おやつの時間ですよ。
5分で「レモンカード」をつくる術。

5分で「レモンカード」をつくる術。

今日のおやつはなんですか?まだ気持ちが定まっていない人は、甘酸っぱいレモンカードをつくってみませんか。5分で完成するレシピをご紹介します。パンやクッキーはもちろん、レモンカードがあれば、どんなおやつも味わいがグレードアップ。

マグカップとレンジでつくれば失敗知らず。

イギリスの定番おやつ“レモンカード”。目の覚めるような酸味とバターのまろやかさはとろりとしたテクスチャーで、クッキーやスコーンと一緒に食べるとおやつの場がグッと華やかになります。
必要な材料は、レモン、卵、バター、砂糖のたった4種類。湯せんしながら混ぜて丁寧に濾せば、誰でも英国流のおやつが愉しめます。

手づくりのレモンカードは酸味も甘味も自由自在。自分好みの味を探しながらつくってみても楽しいです!

レモンカードづくりのハードルが低いことはわかりました。だけど、湯せんの温度を気にしたり、卵とバターの分離のことを考えると、ハラハラしてしまいます。
お菓子づくりに自信がない人でもチャレンジできるような、懐の広いレシピはないかしら。森崎繭香さん……こんなワガママを聞いてくれますか?

「湯せんを使わずにとなると、文明の利器に頼ってみますか!」とお菓子・料理研究家の森崎繭香さんが提案するのは電子レンジを使う方法です。

「材料を混ぜて電子レンジを使えば、5分ほどでとろとろのレモンカードがつくることができます」
森崎さんが用意した道具は、電子レンジとマグカップと大さじの3つだけ。
「電子レンジで温めながら小まめに混ぜ続けると、分離の心配がないので失敗知らずなレシピです」とリクエストに応えてくれる森崎さん。
材料と道具が少なくて失敗の心配がないなら、お昼寝からの起き抜けおやつでもすぐに準備ができそうです。
クラッカーに塗って食べればワインにもよく合う味わいなので、即席おつまみでも活躍します。

電子レンジとマグカップでつくるレモンカードのつくり方

材料 材料 (2人分)

1個
グラニュー糖 大さじ4
レモン 1個
無塩バター 50g
材料

1下準備

バターは1cm角に切っておく。

2混ぜ合わせる

マグカップに卵を割り入れ、グラニュー糖を加えて混ぜ合わせる。

マグカップに卵を割り入れる
グラニュー糖を加えて混ぜ合わせる

材料を計るのも混ぜるのも大さじを使えば、洗いものが少なくてすみます。

3レモン果汁とバターを加える

半分に切ったレモンの果汁を搾り入れて、バターを加える。

半分に切ったレモンの果汁を搾り入れる
バターを加える

バターは1cm角に切っておくと、溶けやすくなります。

4電子レンジで温める

600Wの電子レンジで1分加熱する。取り出して、大さじでぐるぐると50回混ぜる。再びレンジで30秒ほど温めて取り出し、50回混ぜ合わせるプロセスを3回繰り返したらでき上がり。

水分を飛ばしながら温めるので、ラップはかけないで温めましょう。
1回目の混ぜ終わりには、バターが完全に溶けてなくて大丈夫です。
2回目以降の温めは600wで30秒です。
液体状になっても根気よく混ぜ続けます。
3回目の温めです。
混ぜる
卵にだんだんとろみがついてきます。
レンジで温めるのは計4回で150秒です。
色が白っぽくなるまで、ぐるぐると回し続けましょう。

「卵は白身のほうが先に固まってしまうので、よく混ぜる&すぐ混ぜるを繰り返しても白い塊りができてしまうことがあります。なめらかな口当たりにつくりたい人は最後に濾してみてくださいね」

レモンの種類や生産地で味わいが変わってきます。数種類のレモンでつくり比べてみてはいかが?

教える人

森崎繭香

森崎繭香

1976年、横浜生まれの八王子育ち。お菓子・料理研究家/フードコーディネーター。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、ラジオ・テレビ出演など幅広く活動中。身近な材料を使った自宅でもつくりやすいレシピを心がけている。2019年には、人と犬が一緒に食べられる無添加おやつとごはんのオンラインショップ「one's daily」をオープン。著書に『型がなくても作れるデコレーションケーキ』(グラフィック社)、『小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ』(日東書院本社)、『米粉で作る うれしい和のおやつ』(立東舎)。最新刊は『はじめてでもおいしくできる! おうちおやつ』(文化出版局)。

文:長嶺李砂 写真:公文美和

lisa_nagamine.jpg

長嶺 李砂(ライター・編集者)

1984年、青森県十和田市生まれ。子供時代の夢だったパティシエになるも紆余曲折、今は主に書籍を手がける編集者。食や暮らしにまつわる企画に関わることが多い。『スパイスでおいしくなるand CURRYのカレーレッスン』(立東舎)、『2LDK、5人家族。』(光文社)、『5つの味つけ黄金比』(学研プラス)、『おつかれさまスープ』(学研プラス)などの編集に携わる。東京都・若林にある青森の地酒と郷土料理の店『酔処みね』で、木曜日に働いています!