おやつの時間ですよ。
イギリスの定番おやつ「レモンカード」をつくろう!

イギリスの定番おやつ「レモンカード」をつくろう!

目が覚めるような酸味が魅力のレモンカードは、午後のひとときにぴったりの味。ビビットカラーは、おやつの場をパッと華やかにしてくれます。材料はたったの4種類。手づくりの香りを、ぜひ味わってください。

イギリス人はレモン好き?

クリームのようにとろとろな口当たりで、ジャムのような甘味とレモンの香りが爽やかなイギリス生まれのおやつ。その名も“レモンカード ”。
パンやスポンジケーキと一緒に食べると、きゅんっとした酸味が口に広がります。

日本ではまだまだメジャーではありませんが、イギリス人にとっては子供の頃から馴染みのある、アフタヌーンティーに欠かせないおやつ。
レモン風味なことはわかるけど、“カード”って一体どういう意味なのでしょう。

レモンカード
レモンカードはもともと“保存食”。イギリスではレモンが手に入ったらたっぷりと手づくりする家庭が多いそうです。

「カードは“凝固した”という意味。果汁とバターと卵と砂糖を混ぜてクリーム状にする、いわばフルーツバターのようなものです」と、お菓子・料理研究家の森崎繭香さんが教えてくれます。
「レモンカードの甘酸っぱくて、爽やかな味わいにイギリスの人々はメロメロ。卵が高騰した戦時中は、代わりに野菜のピューレを練り込んでつくったほどの国民食なんです」

レモン
レモン果汁の味わいをそのまま閉じ込めたような味わいのレモンカード。甘酸っぱいもの好きには、ぴったりなおやつになりますよ。

イギリス人が、レモン好きだったとは。フルーツの名産国といった印象はないですよね。
「レモンがあまり取れなくて貴重なものだったからこそ、先人たちが知恵を絞って、その風味や味わいを保存しようとしたのですね。なるべく長持ちするように、イギリスでたくさんつくられている乳製品や卵と合わせることで、レモンカードが定着したのでしょう」

ヨーグルト
パンやクッキーだけでなく、ヨーグルトにもよく合います。朝のおめざにいかが?

英国流の保存食というと、なんともお洒落な響き。
「イギリスには日本よりも柑橘を使ったお菓子がいっぱいあります。レモンメレンゲパイや、レモンドリズルケーキなど、もしかしたら一度は食べたことがあるのではないでしょうか」
お菓子屋さんでレモンパイ、レモンケーキとして売られているものですね。それなら見覚えがあります!
レモンカードをつくれるようになれば、おやつづくりの引き出しもグンっと増えそうです。

レモンカード
味わいはシンプルなレモン味なので、定番おやつのアレンジなどに重宝します。

「レモンカードのつくり方はとっても簡単。レモンとバターと卵と砂糖があればすぐにでき上がります。バターと国産レモンが手軽に手に入る日本で馴染みがないのが、本当に不思議だし、もったいないですよね」

今回、森崎さんが披露するのは、湯せんで温めながらつくるクラシックなレシピです。
「気をつけることは、湯せんするときの温度。高すぎるとバターが分離してしまいます。低すぎても仕上がりがなめらかになりません。材料をボウルで合わせたら、ぐるぐると大きく、絶え間なく混ぜ続けるのがおいしくつくるコツですよ」

とろみ
レモンの種類や温め具合によって、味わいと口溶けが変わりますが、それも手づくりの面白いところ。冷ますと、とろみが強くなりますよ。

レモンカードのつくり方

材料 材料 (4人分)

1個
グラニュー糖 50g
レモンの絞り汁 50g
無塩バター 50g
レモンの皮 1個分(すりおろし)
材料
レモンは皮にワックスが塗っていない国産のものがオススメです。

1下準備

バターは1cm角に切っておく。レモンは果汁を搾り、皮の黄色い部分をすりおろしておく。70〜80度の湯を温める。

下準備

レモンは断面にフォークを刺しながら搾ると、面白いように果汁が沢山出ますよ。

2卵とグラニュー糖を混ぜる

ボウルに卵を割り入れて、黄身と白身がすべて混ざるまで泡立て器で溶きほぐす。グラニュー糖を加えて混ぜる。

卵とグラニュー糖を混ぜる

3レモン果汁とバターを加える

1にレモン果汁を加え、混ぜ合わせてからバターを入れる。

レモン果汁とバターを加える
レモン果汁とバターを加える

バターを1cm角に切るのは、溶けやすくするため。塊のまま加えると溶けるのに時間がかかり、レモンの香りもとんでしまいます。

4湯せんして、混ぜ合わせる

用意していた湯にキッチンペーパーを浮かべ、その上からボウルをのせる。泡立て器で混ぜながらバターを溶かし合わせる。

ひたすら混ぜて、とろみをつける。
フライパンとボウルの間にキッチンペーパーを敷いて、フライパンの熱が直接ボウルに伝わらないようにします。
ひたすら混ぜて、とろみをつける。
泡立て器で混ぜながら、バターを溶かすイメージ。絶え間なく、せっせと混ぜましょう。
ひたすら混ぜて、とろみをつける。
色が淡くなって濃度がついたら、ボウルを湯からおろして泡立て器をゴムべらに持ち替えて混ぜ合わせる。
ひたすら混ぜて、とろみをつける。
ゴムべらについたレモンカードをこそいだとき、筋が描けるくらいが混ぜ終わりの目安。

5濾してレモンの皮を加える

口当たりをなめらかにするために濾して、レモンの皮を加えて混ぜ合わせたらでき上がり!

濾してレモンの皮を加える
濾してレモンの皮を加える

濾して、レモンの皮を加えると、まろやかで風味が強いレモンカードができ上がりますよ。

「酸味はレモン由来なので、いつも同じ味わいに仕上げるわけではありません。国産レモンを使うと酸味が穏やかなので、マイルドに仕上がります」
何度もつくるうちに好みの味をつくれるようになるのも、手づくりレモンカードの愉しみ方です。

森崎さんからひと言。

「まずはおおらかにつくってみるべし!」

レモンカード
瓶に入れて冷蔵庫で保存すれば、1週間ほどはおいしく食べれます。

教える人

森崎繭香

森崎繭香

1976年、横浜生まれの八王子育ち。お菓子・料理研究家/フードコーディネーター。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、ラジオ・テレビ出演など幅広く活動中。身近な材料を使った自宅でもつくりやすいレシピを心がけている。2019年には、人と犬が一緒に食べられる無添加おやつとごはんのオンラインショップ「one's daily」をオープン。著書に『型がなくても作れるデコレーションケーキ』(グラフィック社)、『小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ』(日東書院本社)、『米粉で作る うれしい和のおやつ』(立東舎)。最新刊は『はじめてでもおいしくできる! おうちおやつ』(文化出版局)。

文:長嶺李砂 写真:公文美和

イギリスの定番おやつ「レモンカード」をつくろう!

長嶺 李砂(ライター・編集者)

1984年、青森県十和田市生まれ。子供時代の夢だったパティシエになるも紆余曲折、今は主に書籍を手がける編集者。食や暮らしにまつわる企画に関わることが多い。『スパイスでおいしくなるand CURRYのカレーレッスン』(立東舎)、『2LDK、5人家族。』(光文社)、『5つの味つけ黄金比』(学研プラス)、『おつかれさまスープ』(学研プラス)などの編集に携わる。東京都・若林にある青森の地酒と郷土料理の店『酔処みね』で、木曜日に働いています!