dancyuのムック
台湾発「バジルとしじみのおいしい関係」。

台湾発「バジルとしじみのおいしい関係」。

台湾の智慧に学ぶ「しじみおつまみ」第三弾は“しじみのバジル炒め”。爽やかなバジルの香りがしじみの旨味を引き立て、おもてなしにも使える人気の台湾料理です。

爽やかな香りが食欲を刺激する。

バジルの香りとしじみがこんなに相性がいいとは!

食欲をそそる胡麻油の香りと相俟って、箸は止まらず、酒も進みます。

しじみのバジル炒めのつくり方

材料 材料 (4人分)

しじみ 500g
にんにく(つぶす) 1片
生姜(薄切り) 10g
鷹の爪 1本
胡麻油(濃口) 大さじ3
醤油 60~70ml
紹興酒 50ml
砂糖 大さじ1
バジル 適量

1 しじみの砂を抜く

しじみをボウルに入れて、殻と殻を静かにこすり合わせるようにして、流水で洗い、バットに平らになるように並べる。 水1L(分量外)に対して、塩小さじ1(分量外)を加えて、1時間ほど砂抜きをする。その後、さっと流水で洗って準備完了。

しじみの砂を抜く

2 炒める

鍋を中火にかけて胡麻油を入れ、にんにく、生姜、鷹の爪を炒める。香りが出てきたら、水気をきったしじみを加え、強火にして1分ほど炒める。

炒める

3 蒸し煮にする

鍋肌から、醤油を回し入れ、さらに紹興酒、砂糖を加えて蓋をし、1分ほど蒸し煮にする。

蒸し煮にする

4 バジルを加える

しじみの口が開いたら火を止め、手でちぎったバジルを投入。軽くかき混ぜたら、でき上がり!

バジルを加える

後藤ウィニーさんが教える台湾おつまみの味は、ビール、ウイスキー、日本酒など、酒を選ばない。だから嬉しい。

さらに、肝臓にも優しい酒好きの友だと実感!

完成
黒と緑の鮮やかなコントラストがお見事!

明日は“台湾風しじみのお澄まし”です!

教える人

後藤ウィニー

後藤ウィニー

1958年、台湾生まれ。日本人と結婚を機に、来日。日本の食材で台湾料理にチャレンジするうち、Winnie流の料理が評判となり、料理教室などで教えるようになる。著者に『Winnieの台湾キッチン』『Winnieの台湾キッチン。いつものおもてなし』(共に文化出版局)がある。

技あり!dancyuおつまみ
技あり!dancyuおつまみ
A4変型 判( 96 頁)
ISBN: 9784833477208
2018年07月31日発売 / 864円(税込)
この雑誌を購入する

文:瀬川 慧 撮影:公文美和

segawa_kei1.jpg

瀬川 慧(ライター)

得意分野は料理、ワイン、食文化、旅、歴史など。単行本の企画、編集、執筆に『日本料理 銀座小十』(世界文化社)、『野﨑洋光の野菜料理帳』『里山に生きる「土樂」の食と暮らし』『懐石小室に教わる 一生ものの和のおかず』(家の光協会)、『和食神髄 小室光博』(プレジデント社)などがある。