dancyuのムック
マヨネーズ好きの永遠の恋人"居酒屋のポテトサラダ"。

マヨネーズ好きの永遠の恋人"居酒屋のポテトサラダ"。

食卓でお馴染みの“マヨネーズ”は、料理の多彩な表情を引き出してくれます。マヨネーズ好きにはたまらない、マヨネーズをふんだんに使ったレシピを4回にわたって紹介します。東京は赤坂の名居酒屋「まるしげ 夢葉家」が教える“居酒屋の王道ポテトサラダ”からスタートです!

マヨネーズとじゃがいもの飾らないおいしさ。

じゃがいもは皮付きのまま丸ごとゆでる。
いもが熱いうちに、挽きたての黒胡椒と塩でびしっと味を決める。
これで居酒屋ならではの、酒を呼ぶポテサラが完成するのだ!
コーンと手でちぎったゆで玉子は名脇役でビールにもハイボールにも合う味に。
マヨネーズをたっぷりと効かせた、居酒屋の王道である。

“居酒屋の王道ポテトサラダ”のつくり方

材料 材料 (6人分)

じゃがいも 約1.1kg(中8~11個)(男爵)
にんじん 1/4本
きゅうり 3/4本
玉ねぎ 1/2個
4個
コーン 125g(缶詰)
マヨネーズ 300g
適量
黒胡椒 適量(挽きたて)
青ねぎ 適宜

下ごしらえ

にんじんは縦半分に切って薄い半月切りにした後、軽く下ゆでして水気をきり、塩、黒胡椒各少々をふって冷ます。
きゅうりは小口切りから薄切りにする。
玉ねぎは繊維に沿って薄切りにし、水500ml(分量外)に塩大さじ1と1/2を溶かした塩水につけ、しんなりしたら水けを絞る。
卵は固めにゆでて殻をむく。ゆでる時間は、沸騰してから約10分間。
コーンは缶詰から出して水気をとる。
青ねぎは小口切りにする。

1 じゃがいもをゆでる

じゃがいもは皮つきのまま、たっぷりの水(分量外)が入った鍋に入れ、火にかけてゆでる。竹串がスーッと刺さるようになったら取り出し、熱いうちに皮をむき、縦に4つ割りに、さらに1.5cmに切る。

火傷をしないよう、タオルなどを使ってじゃがいもの皮をむくとよい。
火傷をしないよう、タオルなどを使ってじゃがいもの皮をむくとよい。

2 塩と黒胡椒を混ぜて冷ます

ボウルにじゃがいもを移し、塩大さじ1と1/2をふり、木べらでざっくり混ぜる。さらに、黒胡椒大さじ1/4を加え、混ぜ合わせて冷ます。

ゆでたじゃがいもに塩と黒胡椒を効かせると、マヨネーズ味がぼやけない。
ゆでたじゃがいもに塩と黒胡椒を効かせると、マヨネーズ味がぼやけない。

3 ゆで卵を手で細かくちぎる

2が常温になったら、ゆで卵の白身を手で細かくちぎって加える。黄身は手のひらで挟んで転がしながら細かくして加える。

手でちぎって加えるゆで卵は、全体をまろやかにして、ほっとする味わいにまとめてくれる。
手でちぎって加えるゆで卵は、全体をまろやかにして、ほっとする味わいにまとめてくれる。

4 マヨネーズと野菜を混ぜる

3に下ごしらえをした野菜とコーンを加え、木べらでざっくりと混ぜ合わせる。マヨネーズ、黒胡椒小さじ1/4と和える。

黒胡椒は挽きたてを使って、香り高く仕上げる。
黒胡椒は挽きたてを使って、香り高く仕上げる。

5 仕上げる

少しおいて全体をなじませたら器に盛り、青ねぎと黒胡椒を散らす。

酒の肴のポテトサラダ。これがひとつの理想形。
酒の肴のポテトサラダ。これがひとつの理想形。

――明日(“ビストロのポテトサラダ”)につづく。

教える人

小久保茂紀

小久保茂紀

1972年埼玉県生まれ。2000年に30歳で「まるしげ 夢葉家」を赤坂にオープン。自らが蔵元に足を運んでセレクトした本格焼酎は常時80種類以上がそろう。黒胡椒がアクセントの“ざくざくポテトサラダ”450円は、店の人気メニューのひとつ。

店舗情報店舗情報

まるしげ 夢葉家
  • 【住所】東京都港区赤坂2‐14‐8 山口ビル2階
  • 【電話番号】03‐3224‐1810
  • 【営業時間】17:00~翌0:30(L.O.)、金・祝前日は~翌2:30(L.O.)、土曜は19:00~22:00(L.O.)
  • 【定休日】日曜、祝日、土曜不定休
  • 【アクセス】東京メトロ「赤坂駅」より2分
技ありdancyu『マヨネーズ』
技ありdancyu『マヨネーズ』
グラタン、ピカタ、マヨ鶏、マヨソテー、卵焼き、洋風茶碗蒸し、フリッター、海老マヨ、チキン南蛮、レタス巻きなどなど69品。マヨネーズの旨さを生かす傑作レシピに加えて、料理をおいしくするその機能性に着目した新発見レシピを集めました。
A4変型判(88頁)
ISBN:9784833476393
2017年10月28日発売/864円(税込)
この雑誌を購入する

文:遠藤綾子 写真:石井雄司