dancyu食堂
dancyu食堂が開店しました!

dancyu食堂が開店しました!

4月27日、東京駅の「グランスタ八重北」に「dancyu食堂」が開店しました。「dancyu食堂」は、dancyuが初めてプロデュースする食堂です。食堂の運営を担う「CLASSIC INC.」とともに、食いしん坊に愛される食堂を目指していきたいと思います。今日から始まるこの連載では「dancyu食堂」にまつわる色々をお届けします!

「dancyu食堂」とは?

dancyu食堂
「dancyu食堂」がある東京駅「グランスタ八重北」は、八重洲北口周辺にあります。
dancyu食堂
店内はカウンター21席、立ち飲みは6人まで。お仕事帰りのちょい飲みにもぜひ。

「dancyu食堂」では焼売や小鉢をつまんで一杯呑んでいただいたり、素朴な味わいの生姜焼き定食などで腹を満たしていただいたり。昼でも夜でも、 ちょっとした美味しさを味わってください。

“食いしん坊”のみなさんに満足していただけるように、季節の美味しさや生産者の思いなどを大切にしながら、「毎日食べたくなるような“ふつう”で飽きの来ない美味しさ」を目指していきたいと思います。

「dancyu食堂」の“味わい”

生姜焼き定食
ランチの看板定食である“生姜焼き定食”1,480円。そのほか、“焼売定食”1,100円、”きじ焼き(鶏肉の漬け焼き)定食”1,280円、“アジフライ定食”1,480円、“小鉢定食”980円もご用意しています。
小鉢
つまみになる小鉢は10皿前後ご用意。もちろん生姜焼きや焼売を単品で頼むこともできます。写真は、“ポテトサラダ”380円、“青菜のお浸し”380円、“鮪ブツ”900円と、会津娘 純米グラス(130ml)700円。

dancyu食堂は、 高価な食材や特別な調理法は用いません。生産者が大切に育てた季節の食材を丁寧に料理することを心掛けます。

たとえば、メイン料理のひとつ“生姜焼き”は、千葉県産匠味豚を用い、一枚一枚しっかり焼き色がつくまで焼き、玉ねぎやりんご、生姜などのすりおろし、 醤油、 たまり醤油、 みりん、 酒などを加えたタレを加えることで、 香ばしさや甘辛の生姜焼き本来の旨さを出します。

焼売定食
“焼売定食”1,100円
きじ焼き(鶏肉の漬け焼き)定食
“きじ焼き(鶏肉の漬け焼き)定食”1,280円
アジフライ定食
“アジフライ定食”1,480円

“肉焼売”は、 挽き方を変えた3種類の豚挽き肉を合わせ食感を出し、店内の蒸籠で蒸し上げます。“きじ焼き”は、 400日以上かけて飼育した力強い食感の岩手の鶏を醤油ベースのタレに漬けてじっくり焼きます。“アジフライ”は、 鯵の水揚げ日本一の長崎・松浦の脂ののりがよい“根付きもの”を仕人れ、 軽く塩をあてて水分を適度に抜いてから揚げます。

ご飯は岩手県陸前高田市産の「たかたのゆめ」を七分づきにして、羽釜で炊いています。味噌汁は、カツオ節・さば節・イワシ・昆布・椎茸のだしに、江戸甘味噌・仙台味噌・東松島長寿味噌の合わせ味噌でつくります。

小皿料理
小皿料理380円~。
豆皿料理
豆皿料理200円~。

ほかにも、 高知のファ ー ムベジコのきゅうりと松岡蒲鉾店のちくわでつくる高知流の “ちくきゅう”(きゅうりを丸ごと入れます)、極上のものだけを集めてつくる明石の海苔、昔から梅を大切に育ている和歌山 ・ 田辺の石神邑の有機白干梅、山椒と唐辛子を絶妙の配合でプレンドした “二味 (ふたみ)”……。

付け合わせや小皿料理や調味料なども含め、生産者の思いを大切にし、丁寧な味わいにしたいと思っています。

それが、毎日食べたくなるような“ふつうの美味しさ”に繋がると思っています。
それがdancyu食堂が目指す味わいです。

イベントも開催予定!

4月25日に開催された、カウンター寄贈のクラウドファンディングにご協力いただいた方の、プレオープンイベントの様子。

今後「dancyu食堂」では、食いしん坊倶楽部イベントや、dancyu本誌連動イベントなどを開催予定です。告知はこの連載と本誌、各SNSでご案内予定です。「dancyu食堂」で皆様とお会いできる日を、楽しみにしております!

クラウドファンディングお礼

himekei
髙橋修二郎
松田龍太郎
hirosakasan
BTBの黒髭
Yoko
Yaocho
佐伯貴大
あとむ

店舗情報店舗情報

dancyu食堂
  • 【住所】東京都千代田区丸の内1丁目9番1号 JR東日本東京駅構内1階グランスタ八重北内
  • 【電話番号】03‐6810‐0525
  • 【営業時間】11:00~22:00(L.O./定食・一品料理は21:00、小皿料理・豆皿料理・ドリンクは21:30)
  • 【定休日】無休(施設に準ずる)
  • 【アクセス】東京駅直結

撮影:海老原俊之、工藤睦子