松尾貴史のカレードスコープ
ちょっと贅沢に銀座でインディアンコース|松尾貴史のカレードスコープ㉚

ちょっと贅沢に銀座でインディアンコース|松尾貴史のカレードスコープ㉚

銀座を訪れた松尾貴史さんは、ちょっと贅沢をしたい気分になり優雅にインド料理のコースを食べることに。単品だけ食べるいつものランチとは違い、さまざまな料理と味わいを楽しんだ感想はいかに――。

満足感の高い落ち着いたインド料理店

せっかく銀座に来たのだからと、少々贅沢なインド料理をいただきたく、5丁目のビルの3階にある「SEABIRD COLONY」へ。普段は慌ただしく単品のカレーばかり食べているので、たまにはインド料理をコースでいただくことに。
初訪問でも、内装の落ち着いた感じと、ニューヨークあたりのワインビストロを思わせる世界観に一瞬で馴染んでしまった。いや、私がニューヨークに馴染んでいるわけではないのだけれど、すこぶる落ち着く空間なのだ。シーフードコースを注文した。インドビールで喉を潤しつつ料理を待つことにしたが、最初の海鮮スープがクリーミーだったのですぐさまカリフォルニア産の赤ワインを開けることにした。給仕のお兄さん(聞けばネパールの方だった。日本語は達者)が、まだ店で働くようになって一週間、それもワインの抜栓は初めてというので、ビールとスープをいただきつつ、微笑ましく作業を拝見させてもらった。

海鮮スープは、クリームベースなのに微塵切りのパクチーがそれとなく混ざっていて、そこにほのかなスパイスが心地いい。次に出された真蛸のヴァルワル、皿に飾られている鮮やかな朱色の粉をパプリカかなと思って舐めてみれば実はカイエンヌペッパーで、いきなり目が覚める辛さ。蛸の下にあるペースト状がまた強い辛味で、コースの中ではこの時点が一番の辛さだった。北海道産ホタテのグリーンマサラは香りが個性的、ポハ・フライはライスフレークが衣で、クリスピーな食感と香ばしさを感じて嬉しい気分に。

真蛸のヴァルワル

ロブスターのタマリンダス・インディカは、酸味のあるインドの果実、タマリンドを使用して、ヒマラヤの岩塩とスパイスで爽やかに仕上がっている。余談だが、インドで生のタマリンドを齧らせてもらったことがある。その強烈な酸っぱさの代わりになるものは、日本では思いつかないほどだ。

ロブスターのタマリンダス・インディカ

マルバル・フィッシュカリーは、最後の海鮮ビリヤニとともに、ライタ(ヨーグルトの付け合わせ)を混ぜつつ。最後の満足感まで素晴らしく、コストパフォーマンスも優秀で、定期的に訪れたい店に出会えてありがたい限りだ。

マルバル・フィッシュカリー

店舗情報店舗情報

SEABIRD COLONY 銀座本店
  • 【住所】東京都中央区銀座5‐4‐15 西五ビル 3F
  • 【電話番号】03‐6263‐9869
  • 【営業時間】11:00~14:30 (L.O.) 17:00~22:00 (L.O.)
  • 【定休日】年末年始
  • 【アクセス】各線「銀座駅」より1分

文・撮影:松尾貴史

松尾 貴史

松尾 貴史 (俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト)

1960年5月11日生まれ。神戸市出身。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業。 俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト、“折り顔”作家など幅広い分野で活躍。著書に『違和感ワンダーランド』(毎日新聞出版社)『ニッポンの違和感』(毎日新聞出版社)等がある。YouTubeチャンネル「松尾のデペイズマンショウ」も随時更新中。