松尾貴史のカレードスコープ
京都に行く度食べたくなる魅惑のキーマカレー|松尾貴史のカレードスコープ⑦

京都に行く度食べたくなる魅惑のキーマカレー|松尾貴史のカレードスコープ⑦

松尾貴史さんが長らく通っているという京都のカレー店。そこで聞いたカレー屋ならではの素敵な話とは。

洗練されたキーマカレーと一風変わったドリンクメニュー

この10年ほど前から、私が京都を訪れると高い確率で足が向くカレー店「スパイス・チャンバー」がある。四条烏丸の交差点の至近で、遠くからもわざわざ食べに来るファンも多い。
しっかりとした食感の粗挽き肉を使用したキーマカレーで、辛さも相当にしっかりしている。
もともと、大阪の名居酒屋の大将に教えてもらって知った店だが、「彼が薦めるなら間違いない」と初訪問した日のことは今でも覚えている。
顔も声もいいカッコ良いオーナーと、顔も声もスタイルもいい超美人の奥様との名コンビによる素敵な店で、音楽関係の仕事をなさっていた雰囲気がある。だからだろうか、水のコースターもレコード盤をモチーフにしている。
土曜日はランチのみ、日曜日は休み、というところを見ると、音楽のライブに遠征する習慣があるのだろうかと勝手な妄想を繰り広げつつ、カレーの到着を待つ。不思議なのは、なぜかドリンクメニューにコーヒー牛乳があることだ。
メインのキーマカレーは、鋭い中にも繊細な辛さとスパイスの芳香がまた洗練されている。これはシンプルだがなかなか真似のできない味わいだ。

料理
キーマカレー1100円(中)とコーヒー牛乳200円。

ところで、東京・経堂の雑居ビルの3階に、「スパイス婆ちゃん」という変わった店名のカレー店がある。この名前を見たときに、私は「もしや」と思った。「スパイスチャンバー」と、発音が似ているというだけなのだが。
はたして、やはりよく似た形のキーマカレーだった。話を聞くと、「スパイスチャンバーが好き過ぎて、名前ももじりました」のだそうだ。
今回、京都の「スパイスチャンバー」のご主人に「スパイス婆ちゃん知ってます?」と聞いたら、黙って、自身がかぶっている黒い帽子を指差した。

帽子を見せる店主

「挨拶に来られて、グッズを送ってくれました」と。
こういう繋がり、カレー店ならではで、素敵ではないか。

外観

店舗情報店舗情報

スパイスチャンバー
  • 【住所】京都府京都市下京区室町綾小路下る白楽天町502
  • 【電話番号】075‐342‐3813
  • 【営業時間】11:30~15:00 18:00~21:00 土曜・祝日はランチのみ営業
  • 【定休日】月曜 日曜
  • 【アクセス】阪急京都線「烏丸駅」より2分

文・写真:松尾貴史

松尾 貴史

松尾 貴史 (俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト)

1960年5月11日生まれ。神戸市出身。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業。 俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト、“折り顔”作家など幅広い分野で活躍。著書に『ニッポンの違和感』(毎日新聞出版社)等がある。YouTubeチャンネル「松尾のデペイズマンショウ」も随時更新中。