dancyuムックから
四季dancyu「夏のキッチン」、元気に発売です!

四季dancyu「夏のキッチン」、元気に発売です!

季刊でお届けてしている旬のレシピ集、四季dancyu「夏のキッチン」が6月11日に発売になりました。日々キッチンに立つおいしいもの好きが「つくってみたい」と思うようなレシピが満載。めくっているだけでも料理をする気分が盛り上がります。

今号からちょっとリニューアル。内容もより充実!

毎年夏にリニューアルを重ね、今号で4年目となる四季dancyuシリーズ。月刊dancyuがとことん美味しいものを突き詰める「ハレ」の料理とすれば、このシリーズは美味しいもの好きの「ケ」の料理を中心としたレシピ集です。
今回はタイトルに「キッチン」が入りました。料理をつくって食べる、それに加えて、日々の献立を考えること、料理を盛るお皿を選ぶこと、人を招いたときのもてなしのことなど、広く料理に関わることを楽しくするためのヒントをちりばめた内容になっています。
これから暑い夏を迎え、食事で体調を整えることがとても大切になってきます。だるくて冷たいもの、軽い食事などで済ませがちですが、旬の食材から栄養や水分をとることを心がけましょう。暑くて調理も手間ですが、体の中から元気でいるためにも、毎日、前向きに料理をしたいですね。四季dancyuのレシピでいつもの料理にちょっと新しい風を吹き込んで、健やかに夏を乗り切ってください。

料理研究家・重信初江さんに、夏に家族が集まったら食べたいご馳走、「夏のお寿司」を紹介いただきました。基本のばらちらし寿司からキンパ、海老のエスニック寿司などバリエーションに富んだ9品に加え、お寿司に合う夏の汁もの、手巻き寿司のネタ帖まで充実した内容。巻頭の洋風ちらし寿司はお子さんにも食べやすく、またツマミにもなる優れもの。ぜひ夏の集いにつくってみてください。
毎回、その国に精通した料理研究家さんに家庭料理を紹介していただく「世界のキッチンから」。今回は夏にぴったりのインド。南インドの地方料理を香取薫さんに習いました。まだ日本で紹介したことがないという貴重な郷土料理のレシピも掲載。ぜひ奥深いインド料理の世界をのぞいてみてください。
毎日料理をするときに、一番旬を感じるのはやっぱり野菜。季節の野菜を使った料理を料理家・植松良枝さんにご紹介いただきます。なじみのある野菜にスパイスやハーブなどの+αで新鮮なお料理に。日々の食卓で活躍する料理ばかりです。
料理と器の店「カモシカ」を営む料理ユニット、オカズデザインが、器と料理それぞれを主役にした連載をスタートします。せっかくつくった料理、盛りつけも大事にしたいですよね。どんな器を選べばよいの?盛りつけは?という悩みに対するヒントを示しつつ、上に盛る季節のレシピをご紹介します。第一回は、あるとぐっと食卓が華やかになるオーバル皿をテーマに、料理とお皿のバリエーションを紹介をしてもらいました。

写真:田村昌裕

四季dancyu 夏のキッチン
四季dancyu 夏のキッチン
A4変型 判( 120 頁)
2020年06月11日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する