酒場の入口、酒場の出口。
「D's Bar」で西荻窪の夜のクロージングタイム。

「D's Bar」で西荻窪の夜のクロージングタイム。

西荻窪の酒場の出口は、どこなのか。何軒か巡った後に、たどり着く場所は、いつもオーセンティックバー。「D’s Bar」で店主と語らうもよし、ひとりしっぽり飲んでもいい、隣り合わせた顔見知りや初対面の客と盃を交わすのもまた愉しい。ときに憶えていないこともあるけれど、この店を出れば、今日が終わる。

真夜中に夏を感じる。

「コノコネコノコ」を出てからは自由。好みのタパスを求める気分で別の店でちょい飲みするのもいい。そう言えば、西荻窪駅前を日本のサンセヴァスチャンと評した方がいたくらいだ。北口の店から3、4分歩けば南口には名店「にぎにぎ」もある。軽く寿司を握ってもらうのもいい――。

会食やそのあとの飲みも終わり、てっぺんを回ったあたりに僕が止まり木にしているのが「D’s Bar」だ。西荻で、これほどシングルモルトの揃ったバーはなかなかない。200種類のセレクトされたモルトが並ぶ。

バックバー
バックバーを目にするだけで、酔っ払い頭は覚醒して、さぁどれを飲もうかなと意気揚々。シングルモルトかカクテルか、さて。

猪又大輔さんが店主なので、この店名である。そしてその大ちゃん、実に話芸の達人である。気持ちの高ぶりをこちらに感じさせることが一切ない。湿度がないから言葉が心地よい。
旅から帰った人には、大ちゃんが回ったスコッチ巡礼の思い出を返し、初めてのお客さんへも、蟻地獄がアリンコに砂をかけるように巧みな言葉で引き寄せる。

猪又大介さん
オーナーバーテンダーの猪又大輔さん。物腰柔らかな接客が、さらに酒をうまくします。好みを伝えれば、未知なる一杯に出逢えるかもしれませんよ。

喉が渇いていたら、フルーツカクテルを大人らしくイッキ飲みするのがおすすめだ。
大ちゃんはフルーツカクテルの名手でもある、夏はスイカのソルティドッグ、桃のマティーニ、スダチの香り漂うジントニックなどのカクテルがバーを華やかにする。
今週は、桃でジンではなくウオッカマティーニをつくってもらった。
フルーツは朝の金、昼の銀、夜の銅というが、言葉が足りない。西荻窪の夜の果て、真夜中だったら、それはダイヤにもなるのだ。

桃のマティーニ
「D’s Bar」の扉を開けたなら、フルーツカクテルは飲んで帰りたい。夏の一杯。桃のマティーニ。

店舗情報店舗情報

D’s Bar
  • 【住所】東京都杉並区西荻南3‐19‐3
  • 【電話番号】03‐3334‐9255
  • 【営業時間】19:00~翌5:00頃
  • 【定休日】日曜、祝日の月曜
  • 【アクセス】JR「西荻窪駅」より3分

文:石原正康 写真:石渡朋

masayasu_ishihara.jpg

石原 正康(編集者)

1962年、新潟市生まれ。法政大学を卒業後、角川書店入社。1993年、幻冬舎設立に参加。編集者として、五木寛之、村上龍、天童荒太、白川道、吉本ばなな、山田詠美などの作家を担当し、数多くの話題作やヒット作を手がける。現在、幻冬舎の専務取締役として編集本部長を務める。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演するなど、業界屈指のベストセラーメーカーとして知られる。