「珈琲蘭館」昨日より今日、今日より明日。
おいしい珈琲ってなんだろう?

おいしい珈琲ってなんだろう?

「あ、おいしい」。珈琲を口に含んだ瞬間、打算もへつらいも誇張もなく、そう、言葉が漏れるとき、つくる側も飲む側も幸せな気持ちになります。おいしい珈琲という命題に万人共通の正解というものはなく、少なくとも自分の舌には正直でありたい。「蘭館」の田原照淳さんは、つくり手として珈琲のプロとして、今日も焙煎室から、自分の「おいしい」と向き合っています。

ようこそ、マニアックな焙煎の館へ。

豆面
豆の顔は「豆面」と呼ばれている。まめづら。ふっくらと熱が入った上質な豆は、いい顔をしている。

日本でも、一般の生豆よりも個性のある土壌の農園で大切に育てられたスペシャルティコーヒーが浸透し、機械や焙煎、抽出方法も変貌を遂げた。
「スペシャルティの生豆は固いんです。標高が高い高地で育つと豆の熟成がゆっくり進むから、木でいうと年輪が細くなる。細やかな豆の年輪を焦がさずに広げながら焼くためには、焙煎機のカロリーや熱量が必要になってきます」

2006年、「蘭館」の田原照淳さんは父親の昂さんも憧れていたドイツ製の焙煎機「プロバット」の導入に踏み切った。当時、福岡の個人店では1台あるかどうか。今やそれが一般化しているのだから、業界のスピードたるや凄まじい。

「井上製作所」12kg半熱風釜
日本生まれ日本育ちの「井上製作所」半熱風12kg釜。設置場所が狭いので、幅を縮めた分、背を伸ばして製作。左奥のノートパソコンと連動している。

両親が使っていた「フジローヤル」半熱風3kg釜から、「プロバット」5kg釜に替えて、12年目。2018年8月に「井上製作所」半熱風12kg釜を導入したときは、マニアックな同業者のみならず、焙煎には詳しくないご年輩のお客様にも、気さくに焙煎室を案内する田原さんの姿があった。

3台の焙煎機が据えられた焙煎室は、カニ歩きしなければ移動できないほどの密集度だが、同業者にとっては夢のような空間である。
「『プロバット』で焼くジャーマンローストの珈琲は、ドイツ人の気質でしょうね。ただ機械の性能みたいなものがあって、ネルドリップに合う、やわらかい味わいにはどうしてもならなかったんです。だから、いつかは日本人が好む味づくりに適した焙煎機にしようと考えていました」

抽出作業
フンフフフ~ン♪楽しげに見える抽出作業にも日々改良が加えられている。一杯一杯が勝負。

それを実現させたのが、今回の12kg釜である。水色、パープル、ベージュというトリコロールの北欧カラーは、焦げ茶色の喫茶店にもしっくり馴染む。ちなみに色は、「指定したわけじゃなくて、井上さんの趣味(笑)。でも水色は、船の操舵室にも使われるように目に優しいでしょう」と、田原さんは嬉しそうに話す。
発注から納品まで3年もの歳月を要したが、これから到来するホーム珈琲の時代を見据えた先行投資なのである。

この釜を設計したエンジニアの井上忠信さんは、超がつくマニアックな人物。一度だけお会いしたとき、自作の機械で焼いたドリップバッグをいただいたことがある。すーっと飲めて優しい余韻を残す澄んだ一杯は、専門店にもひけをとらない味。井上さんが理想とする珈琲はすごいと、唸ってしまった。

伝統と革新の一杯を求めて。

焙煎室に通じるレジ脇の扉
焙煎室に通じるレジ脇の扉。見たいけど、見てはいけないような気分にさせられるロースターの聖域。

「先日、井上さんがふらっと店にやってきたんです。抜き打ちテストですよ。よく焼けてる、使いこなしていると言っていただきました。下手したら、機械を引き上げて自分で使うって言い出しかねない人ですから(笑)。焙煎機の重量は500kg。価格ですか?ええーっと、新築で家が買えます(笑)。ただこの釜はプロトタイプの1号機ですから、世界にひとつ。僕らにとって焙煎機って、自分の彼女みたいな大切な存在なんですよね」

できたての珈琲が注がれる瞬間
できたての珈琲が注がれる瞬間。自分の珈琲じゃないのに、「おいしそうだなあ」と口元がゆるむ。

「若い頃は、激烈においしい珈琲で印象づけようと思っていたんですけど、最近は水みたいな珈琲を目指しています。飲み飽きず、飲み疲れず、複雑なんだけど一度飲んだだけではわからない。焙煎もできるだけ多くの人が好む、やわらかい味わいに寄せているというのが正直なところです」

焙煎機を替えたいちばんの理由も、そこにあるという。
「日本人が好むやわらかい珈琲をつくるために、僕はネルを使い、井上製作所のリードミルを使い、井上さんの焙煎機で焙煎するんです」

色とりどり、個性豊かなカップ群
色とりどり、個性豊かなカップ群。毎年、少しずつママの順子さんが買い足している。

珈琲もファッションと同様に流行が存在する。
「時代が技術を要望しているわけで、要望されたときにすぐ技術を投入できないと珈琲は売れないわけです。ただ、いまのスペシャルティコーヒーは豆の膨らみよりカッピングの味だけで評価するので、石ころみたいな焙煎豆が多い。でも『カフェ・ド・ランブル』の関口一郎さん(1948年に銀座8丁目に珈琲だけの店を開いた伝説のマスター。前職の音響設計技術を生かし、オリジナル仕様の焙煎機を始め、『井上製作所』の協力により開発したリードミルやランブルポットなどを設計し、日本珈琲界の発展に寄与した。2018年死去。享年103)は、重量ではなく升で売った方が日本人の珈琲の質はもっとよくなる、一粒一粒をきちんと膨らませて焙煎できないと、本当の珈琲の味わいとは出てこないとおっしゃった。だから僕は、いまこそ膨らみを重視した焙煎を目指したい」

井上さんは若い頃、「フジローヤル」の寺本一彦さん(珈琲機器メーカー『富士珈機』の前身、東京目黒の『富士珈琲機械製作所』を創業した寺本豊彦さんの長男。会社を引き継ぎ、日本の喫茶文化を下支えした)から、直接、焙煎機づくりの根幹を教わったという。日本の珈琲にとって最も大事なのは、何なのか。返ってきた答えは、「液体のやわらかさ」だった。
「井上さんの機械には、昭和初期から日本で培われた珈琲の伝統がきちっとつまっています。やわらかさとは、質感やテクスチャーを気にする日本人ならではの感性ですよね」

リードミル
ピカピカのリードミルにカウンター内の様子が映り込む。全方位から見られているのですね。

田原さんは、「井上製作所」の釜を購入する前に同製作所のミルを購入し、「プロバット」で焼いた豆で「つじつま合わせ」をしてきた経緯がある。
ただし、焙煎の精度がよくも悪くも露呈するミルにつき、導入は諸刃の剣。田原さんも焙煎した豆を持参して購入希望したものの、この程度の焙煎技術では売れないと一度は販売を断られている。しかし、その後、腕を磨き、ついに井上さんの首をタテに振らせたのだ。
「あのミルで挽くと、珈琲がおいしくなるんじゃなくて、ちゃんと焼けていない場合は、まずくなるんです。でももっとおいしい珈琲をつくるためにも、ミルと焙煎機の両方を揃えたいと考えたんです」

珈琲の味わいとは、生豆選びから焙煎機、グラインダー、抽出方法まで一連の設計によって初めて生み出されるものなのである。

――つづく。

田原さんと順子さん
あうんの呼吸で流れるように。田原さんと順子さんにとって、カウンターは舞台。

店舗情報店舗情報

珈琲蘭館
  • 【住所】福岡県太宰府市五条1-15-10
  • 【電話番号】092-925-7503
  • 【営業時間】10:00〜18:00
  • 【定休日】無休
  • 【アクセス】西鉄「太宰府駅」より3分

文:小坂章子 写真:長野陽一

小坂章子さん.jpg

小坂 章子(ライター)

1974年、長崎市生まれ、壱岐島育ち、福岡市在住。やせ我慢が板についた珈琲まわりの人々の姿に惹かれ、そのものづくりを取材する。2019年の春こそは『九州喫茶案内』を出版します。