dancyu祭2022
【食堂おがわ】京都の大人気酒場の揚げたて"うどチュロス"!

【食堂おがわ】京都の大人気酒場の揚げたて"うどチュロス"!

4月23日(土)、24日(日)開催。dancyu祭2022@西新宿へ行こう!入場無料。

京都・河原町にある予約の取れない大人気店酒場「食堂おがわ」。店主の小川真太郎さんが来場し、会場で揚げる熱々の“うどチュロス”をぜひご賞味あれ!

うどチュロス
うどチュロス
店の春の定番メニューである“うどチュロス”を会場で揚げ、出来たてを提供します!ほろ苦くみずみずしい、うどの美味しさを堪能できる一品です。700円。
柚子胡椒
柚子胡椒
お土産に最適な小川さん自家製の柚子胡椒。香りよくピリッとしっかり辛味の効いた柚子胡椒は、鍋の薬味に、焼いた肉の調味料にと活躍すること間違いなし!1,300円。
小川真太郎さん
繰り返しつくり、磨かれた渾身の料理を揃える小川真太郎さん。「祇園さゝ木」「余志屋」などで修業を積み、2009年開店。
外観
西木屋町の路地裏にひっそり佇む「食堂おがわ」。

本誌連載でおなじみの、京都屈指の人気店「食堂おがわ」。気軽に来てもらえる店に、とあえて食堂と名乗り、「一人で飲んで食べて1万円、居酒屋より居心地よく、割烹よりお手軽な店を目指しています」と店主の小川真太郎さん。

だしまき

メニューは、前菜、造り、焼き物、温物、揚げ物、締めのおよそ20種類を揃え、一品一品に仕掛けられたおがわ流のひとひねりで客席を沸かせる。たとえば、ほぼ全員のお客が注文する澄んだ味の“だしまき”は、だしを卵が固まる限界までたっぷり使う。ビールのお供に欠かせない“鳥からあげ”は、半日風干ししてから素揚げし、皮はカリッと肉はしっとりの独創の逸品に。冬の名物“かぶらむし”はトロトロふわふわの蕪のスープのようで、どれもありそうでない料理ばかりだ。

料理
料理

「見せつける料理はしたくないので、見た目はシンプル。でも食べると滋味深いのがおがわの料理」を信条に、高級食材は使わない。
その代わり手が届く鱧や甘鯛はトップクラスのものを揃える。食材が光る独自の調理法で真っ向から挑み、繰り返し食べてきたなじみの和食をハッとする一品に仕上げている。
じんわり美味しく、新しい、幸せな余韻がいついつまでも続く「食堂おがわ」の味を会場でも楽しんでほしい。

店舗情報店舗情報

食堂おがわ
  • 【住所】京都府京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町204
  • 【電話番号】075‐351‐6833
  • 【営業時間】17:30~22:00(L.O.)
  • 【定休日】水曜/最終火曜
  • 【アクセス】阪急京都線「河原町駅」より1分

イベント情報

dancyu祭2022

開催日時
2022年4月23日(土)・24日(日) 10:00~18:00(予定) (飲食のL.O.は17:30)
場所
東京都新宿区西新宿2‐6‐1 新宿住友ビル 三角広場 GoogleMap
※新型コロナウイルス感染防止の対策を施して開催します。感染拡大状況次第で人数・時間制限などを実施する可能性もあります。
イベント詳細
イベント詳細はコチラ

文:西村晶子 撮影:福森クニヒロ

※当日は内容や盛り付けが変更になる場合もあります。

西村 晶子

西村 晶子 (ライター・編集者)

関西在住のライター、時々編集者。京都の和食を中心に、老舗から新店までを分け隔てなく幅広く取材。2006年8月号「明石の老舗に、至福の柔らか煮、タコ飯を習う」で初執筆。2018年5月号より「京都『食堂おがわ』の季節ごはん」の連載を担当。