美味しい「外ごはん」をつくろう!
焼きたての生地が香ばしい"生ハムとルッコラのピアディーナ"

焼きたての生地が香ばしい"生ハムとルッコラのピアディーナ"

ベーキングパウダーの力で軽くフカッと膨らんだ生地はいい香り。焼きたての温かさを逃さず、生ハムとルッコラを挟んで口に運びたい!開放感たっぷりの外で飲むお酒、味わうごはんは気持ちいいし、美味しいですよね。そんな「外ごはん」のために、東京・神泉のイタリアン「オルランド」の小串貴昌さんが本気で考えた、オープンエアな美味レシピをご紹介します!

“生ハムとルッコラのピアディーナ”のつくり方

エミリア・ロマーニャ州で食べられている、発酵させないパン。ラードやパルミジャーノなどを加えることで、発酵させたような旨味とコクが出る。また、生地のねかせは一日までOKなので、前日の夜に仕込んでおいても。

材料材料 (4枚分)

★ [生地]
・ 強力粉250g
・ ベーキングパウダー5g
・ 砂糖5g
・ 塩5g
・ パルミジャーノ・レッジャーノ10g(粉)
・ ラード50g
・ 卵白35g
・ 牛乳50ml
・ 水50ml
★ [具材]
・ 生ハム適量
・ ルッコラ適量

1生地をつくる

ボウルに[生地]のすべての材料を入れ、手で混ぜる。全体がよく混ざって生地がしっとりとしたひとつの塊になったら、丸めてまな板などの上に取り出す。

生地をつくる
生地をつくる

2ねかせる

生地を手のひらで押しつぶしながら、手前から奥のほうに向かってこすりつけるようにしてのばし、再び集めてまとめる。これを何度も繰り返してこねる。生地のキメが細かくつるっとした感じになってきたら丸めてラップで包み、冷蔵庫やクーラーボックスなどで2時間以上ねかせる。

ねかせる
ねかせる

3生地を丸める

生地を4等分して丸める。まな板の上で転がし、生地の表面をつるっと張らせる

生地を丸める

4のばす

生地に打ち粉(強力粉、分量外)をふって、それぞれを麺棒で直径15~20cm程度に丸くのばす。薄めのほうが火が通りやすい。

のばす

5焼く

フライパンを弱火にかけて、のばした生地を焼く。ときどき生地を回転させて、ムラなく火を当てる。焼き色がついたら返す。もう一方の面も焼き色がついたら取り出す。残り3枚も同様にして焼く。

焼く
焼く

6仕上げ

木のボードなどに焼けたピアディーナをのせて、[具材]の生ハムとルッコラを盛り合わせる。好みの量を挟んで食べる。

完成

教える人

小串貴昌 「オルランド」オーナーシェフ

小串貴昌 「オルランド」オーナーシェフ

東京・神泉にて、シンプルにおいしいイタリア料理と自然なワインを提供している。家族のバーベキューでは、チキンナゲットを炭火でカリッと焼くのがマイブーム。

店舗情報店舗情報

オルランド
  • 【住所】東京都目黒区青葉台3‐1‐15
  • 【電話番号】03‐6427‐0579
  • 【営業時間】18:00~24:00頃(要予約)
  • 【定休日】日曜
  • 【アクセス】京王井の頭線「神泉駅」より8分

※この記事は「dancyu アウトドアクッキング 外でもおいしく!」に掲載したものです。

dancyu アウトドアクッキング 外でもおいしく!
dancyu アウトドアクッキング 外でもおいしく!
A4変型判(92頁)
2021年6月11日発売/880円(税込み)

写真:鈴木泰介 構成:編集部