白ご飯が進みまくるベトナム料理
爽やかな香りが食欲を刺激する"豚挽き肉とレモングラスのピリ辛そぼろ"

爽やかな香りが食欲を刺激する"豚挽き肉とレモングラスのピリ辛そぼろ"

エキゾチックな香りの肉そぼろです。辛味が良いアクセントになり、ご飯がぐんぐん進みます。料理を学ぶためにホーチミンで3年半暮らし、帰国後も現地の味を紹介している伊藤忍さんにベトナム母さんの究極に白い米を呼ぶ料理を習いました。

“豚挽き肉とレモングラスのピリ辛そぼろ”のつくり方

豚挽き肉がポロポロになるまで、しっかりと炒り煮にしたそぼろは、ご飯の最強おかず。現地ではレモングラスの代わりにカーでつくることもあります。

材料材料 (つくりやすい分量)

豚挽き肉200g(赤身)
レモングラス*1本分(みじん切り)
にんにく1片分(みじん切り)
赤唐辛子適量(種を取って小口切り)
植物油大さじ2
ヌクマム小さじ2
砂糖小さじ2
黒胡椒少々
ヌクマム約小さじ1
砂糖少々
香菜少々(粗く刻む)

*レモングラスは根元の太い部分をみじん切りにする。手に入らない場合は、生姜のみじん切り10gで代用できる。

1下味をつける

ボウルに挽き肉とAを入れ、練らずに指先でほぐすように混ぜ、10分ほどおいて下味をつける。

2炒める

フライパンに植物油とレモングラス、にんにくを入れて弱火にかけ、じっくりと炒める。レモングラスがしんなりとしてきたら、赤唐辛子を加えてサッと炒め、1を入れる。火を強めて、ほぐしながら炒める。

3仕上げ

挽き肉に火が通り、パラパラにほぐれたら、Bを加えて味をととのえ、さらに汁気がとぶまで炒める。器に盛り、香菜を散らす。

完成

教える人

伊藤忍

伊藤忍 ベトナム料理研究家

フードコーディネーターを経てベトナム・ホーチミンへ移住。3年半の間、料理研究と旅行者向けの料理教室の運営などに携わる。帰国後はベトナム料理研究家として幅広く活動中。料理教室「アン コム」主宰。

文:鹿野真砂美 写真:宗田育子

この記事は四季dancyu「秋のキッチン」に掲載したものです。

四季dancyu 秋のキッチン
四季dancyu 秋のキッチン
家で料理をするのが、楽しみになる本

A4変型判(120頁)
ISBN:9784833479097
2020年09月11日発売/1,100円(税込)
鹿野 真砂美

鹿野 真砂美 (ライター)

1969年東京下町生まれ。酒と食を中心に執筆するフリーライター。かつて「dancyu」本誌の編集部にも6年ほど在籍。現在は雑誌のほか、シェフや料理研究家のレシピ本の編集、執筆に携わる。料理は食べることと同じくらい、つくるのも好き。江戸前の海苔漁師だった祖父と料理上手な祖母、小料理屋を営んでいた両親のもと大きく育てられ、今は肉シェフと呼ばれるオットに肥育されながら、まだまだすくすく成長中。