秋の定番おかず&副菜レシピ
甘味が染みてホクホクとした食べ心地が魅力の"肉じゃが"

甘味が染みてホクホクとした食べ心地が魅力の"肉じゃが"

料理名を聞けば、すぐに味を思い浮かべられる安心、安定のおいしさをもった、定番おかず&副菜を大庭英子先生に教えてもらいました。

“肉じゃが”のつくり方

「おふくろの味」の代表格として、いつもトップクラスの人気を誇る肉じゃが。じゃがいもがおいしい秋、この定番料理をはずすことはできません。じゃがいもは大ぶりに切ってホクホクを楽しみます。みりんと砂糖を先に入れ、素材に甘味を含ませてから醤油を加えて味を決めるのがポイントです。

材料材料 (3~4人分)

牛肉200g(切り落とし)
じゃがいも大4個(600g)
にんじん1本(150g)
玉ねぎ1個(150g)
さやいんげん60g
サラダ油大さじ1
大さじ3
2/3~1カップ
生姜1/2片分(せん切り)
みりん大さじ2
砂糖大さじ1
醤油大さじ3

1じゃがいもの下ごしらえ

じゃがいもは皮をむいて4等分に切り、水に10分ほどさらして水気を拭く。

じゃがいもの下ごしらえ

2野菜をカットする

にんじんは皮をむいて一口大(じゃがいもよりひと回り小さく)に切る。玉ねぎは縦半分に切り、さらに縦3等分のくし形に切る(芯は取らない)。いんげんはへたを切り落とし、長さ3cmに切る。

野菜をカットする

3牛肉を炒める

フライパンにサラダ油を熱して牛肉を入れ、ほぐすようにして炒める。

牛肉を炒める

4生姜を加える

肉の色が変わったら生姜を入れ、さっと炒める。

生姜を加える

5野菜を加える

じゃがいもを加える。にんじん、玉ねぎも加えて炒める。

野菜を加える

6水を加える

酒をふり、水を加える。

水を加える

7煮る

煮立ってきたら、みりん、砂糖を加えて混ぜ、蓋をして弱火で8分ほど煮る。

8仕上げ

煮立ってきたら、みりん、砂糖を加えて混ぜ、蓋をして弱火で8分ほど煮る。

仕上げ

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

構成:中村裕子 写真:原 ヒデトシ

この記事は四季dancyu「秋のキッチン」に掲載したものです。

四季dancyu 秋のキッチン
四季dancyu 秋のキッチン
家で料理をするのが、楽しみになる本

A4変型判(120頁)
ISBN:9784833479097
2020年09月11日発売/1,100円(税込)
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。